北湖バス釣り、6月のパターン、釣り方、ポイント

6月の北湖は、釣りやすい時期ですが、南湖のほうが釣りやすいです。

→南湖バス釣り、6月のパターン、釣り方、ポイントはコチラ

6月はアーリーサーマーの時期になって、南湖ではアフタースポーンか回復しているバスを狙いますが、北湖の場合は規模がデカいので、プリ、ミッド、アフターが混合している時期です。

6月の北湖は釣りやすい時期ですが、プリスポーンのバスを狙うのか、アフターのバスなど、自分でどのバスを狙うか意識しながら釣りをすることによって、釣果アップ、経験値を得やすいのではないかと。

そんな、6月の北湖、パターン、釣り方、ポイントを解説していきます。

スポンサーリンク

北湖、6月のパターン

プリ~アフターまでが混合しているのが6月の北湖です。

個人的に、この時期はアフターのバスを狙います。

アフターのバスはシャローからディープに落ちるのが一般的で、基本的に表層付近をウロウロしています。

そんな、バスを狙うのが個人的には1番釣りを組み立てやすいかと。

釣りをしているときに、バスが表層をウロウロしている!

そんな意識をもって釣りを展開していけばいいですからね。

北湖、6月の釣り方

アフタースポーンの場合は、ノーシンカーのワームをスローにフォールさせる釣りが定番です。

ですが、北湖の場合、規模がデカいので、この釣りを展開していると外す可能性が高まります。

なので、横の動きを意識して、なるべく1日を通して、広範囲にサーチできるルアーをチョイスしていくのが、キーになってくるかと。

サイレントキラーなどのリップ付きビックベイトでヨタヨタとただ巻きをするのも、効率よくサーチできます。

ただ、ウィードが形成されているピンスポットをあらかじめ知っている人は、ワームを使うことをお薦めします。

バスがいる可能性の高い場所は、ワームを投げたほうが釣れるときもありますからね。

北湖、6月のポイント

北湖の6月、ポイントは横の動きを中心に釣りを組み立てることかと。

あとは、プリスポーン、アフターなど、どの状態のバスを狙うか自分で意識して釣ることがおすすめです。

そのほうが、釣ったときのよろこびもデカいし、得る経験値が違ってきます。

最初は、自分で考えて釣りをして、外したっていいじゃないですか?

なんとなく、ポイントを選んで、なんとなくルアーをキャストをするより全然積み重ねの経験値が違います。

あのポイントのほうが風が吹いてないしいいんじゃないかな?

みたいな感じで釣りをしていて、疑問がでたらガンガン行動していきましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする