南湖バス釣り、6月のパターン、釣り方、ポイント

南湖の6月は、他の時期に比べたら、釣り人も釣りがしやすくなるし、

バスも快適過ごせる時期かと。

アフタースポーンを引きずっているバスもいますが、巻物も打ちものも、自分の好きな釣りを展開できる時期です。

そんな、南湖の6月、パターン、釣り方、ポイントを解説していきます。

スポンサーリンク

南湖、6月のパターン

正直いって、6月の南湖は釣りやすいですw

いや、本当に。

難しく考えなくていいです。

自分の好きな釣りを展開していけば十分釣れます。

パターンとしては、カナダモについているブルーギルと絡めると、バスからの反応が得やすいぐらいです。

この時期は、おかっぱりからでも、ガンガン釣れる時期なので、なるべく釣行回数を増やすのがいいかとw

南湖、6月の釣り方

当サイトの管理人は、デスアダースティックまたはドットクローラーラーなどの高比重ストレートワームのライトテキサスでテンポよくカナダモエリアを釣っていきます。

キャスト→着底→ワンアクションあるいツーアクション→回収。

ひたすらこれを繰り返して、カナダモエリアについているバスを狙っていきます。

僕は基本的にハイギヤを使わないのですが、この時期だけは効率を重視して、ハイギヤを使用

しています。

バイブレーション、スピナーベイトなどの巻物で釣りたい人は、ガンガン巻いて釣り歩いていけばいいかと。

南湖、6月のポイント

ポイントは、

難しく考えないで、好きな釣りでやっていこうぜ!!

おかっぱりでバス釣りをするなら楽しんだもん勝ちです。

まあ、北湖で1人でストイックに釣りをして、自分を追い込んで釣りをするのが楽しい人もいますが。

6月はバスが釣りやすい時期です。

普段はあんまり、バスを釣らない人も、この時期は楽しめる季節になっているかと。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする