琵琶湖バス釣り、5月のパターン、釣り方、ポイント

琵琶湖も5月になってくると、南湖と北湖ともアングラーがジワジワと増えてきます。

いや、ジワジワどころではないか。

ドーンと増えてきますね。

特にゴールデンウィークのシーズンはマジで南湖に関してはきついです。

そんな、琵琶湖の5月のパターン、釣り方、ポイントを解説していきます。

スポンサーリンク

琵琶湖、5月のパターン

5月のパターンとして、簡単まとめると、

南湖→アフタースポーン

北湖→スポーニング

んーなんともざっくり。

ですが、実際これくらいざっくりと頭に入れておくことで、実際のフィールドで臨機応変に対応できるかなと。

まあ、南湖と北湖ともに、パターンが違うので↓を参考にしてもらえればと。

→南湖バス釣り、5月のパターン、釣り方、ポイント

→北湖バス釣り、5月のパターン、釣り方、ポイント

琵琶湖、5月の釣り方

南湖の場合は、アフタースポーンの時期なので、軽いリグでスローな展開を意識しておきたいところ。

北湖の場合は、4月から継続で巻物を中心としたゲームを展開していくことで、見えてくるものがあるかと。

どちらのフィールドも、春ということで、バスの状態を見極めて釣っていくのがキーになってきますね。

琵琶湖、5月のポイント

ポイントは南湖と北湖で季節のズレが生じているということを頭に入れておくことです。

そして、南湖ならウェーダーを履いて、人がいないエリアで釣りをする。

北湖なら、バスがどれくらいスポーニングが進行しているかを確認するのが大切になってきます。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする