北湖バス釣り、5月のパターン、釣り方、ポイント

5月の北湖。

南湖に比べて、人は少ないですが、それでも人は増えてくるシーズンです。

・南湖バス釣り、5月のパターン、釣り方、ポイント

5月は南湖ではポストの時期になりますが、

北湖の場合は、まだスポーニングの時期になっています。

それは、北湖の場合は季節の進行が南湖に比べて遅いからという理由があるからです。

まあ、難しく考えずに巻いていくのがいいかと。

そんな、5月の北湖のパターン、釣り方、ポイントを解説していきます。

スポンサーリンク

5月、北湖のパターン

5月の北湖は、まだスポーニングのシーズンです。

なので、スローな展開を立てるというよりも、4月の釣り方を継続して釣っていくことが個人的にはいいかと。

ただし、北湖はフィールド自体がデカいので、奥琵琶湖と野洲川付近とかでは、季節の進行がズレるということを頭に入れておきましょう。

5月、北湖の釣り方

釣り方は、スイムベイト、スピナーベイトなどの巻物を中心にシャローを釣っていけばいいかと。

また、一つのエリアを通いこんでいて、ピンスポットを知っている人は、アノストレートなどのヘビネコでバシバシシェイクして、ピンを狙うのもアリです。

個人的には、4月と釣り方は変わらない感じでやっているので、あまり難しく考えずに、バスがいるエリアを探す釣りをするのが楽しいですね。

5月、北湖のポイント

5月、北湖のポイントは、南湖と釣り方を混合しないようにすることです。

南湖は、この時期アフタースポーニングに差し掛かっていて、スローな展開を要求されますが、北湖の場合、スポーニングにズレが生じます。

なので、南湖でライトキャロの釣りでいい思いができたからといって、北湖でも同じ釣りが通用するかといえば、微妙なところです。

その季節のズレを意識しながら釣りを展開していくのが、5月の北湖のポイントになってくるかと。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする