南湖バス釣り、5月のパターン、釣り方、ポイント

5月の南湖は、本当に釣り人が増えるシーズンです。

ゴールデンウィークの日に、南湖でおかっぱりに行ったら、それはもう釣り人が多すぎで悲惨です。

釣り人の他に、バーベキューなどをしているパーティーピーポーな大学生がいるので、さらに釣りづらいかと。

でも、おかっぱりアングラーの強い味方、ウェーダーを活用することによって、釣り人が多くなり始める5月の南湖をなんとか攻略することができます。

そんな、5月の南湖、パターン、釣り方、ポイントを解説していきます。

スポンサーリンク

5月、南湖のパターン

5月の南湖は、水温も上がってきて、産卵を終えたバスも増え始めて、

いわゆるポストスポーンのバスの割合が増えてくる時期です。

なので、バスが浮いていたり、体力が消耗しているので、スローな展開になっていきます。

また、ワームも派手に動かすというよりも、ワームを置くという感じで釣っていくのがキーになってくるかと。

5月、南湖の釣り方

釣り方で一番キーになってくるのは、

スロー。そして、地味な釣り。

この時期にクランクをガンガンと巻くよりも、ライトリグをズル引きとか、ノーシンカーワッキーのフォールで誘ったりと、スローで地味な釣りがメインになってきます。

そんなの我慢できない!!

そういう人は、これからスポーニングに入ってくるバスを狙えばいいかと。

ただ、5月は釣り人も多いですし、おかっぱりでストロングな展開で行くのは微妙かと。

ウェーディングして、ヘビキャロまたはライトキャロを遠投して、ズル引きが堅実な選択かと個人的には思います。

5月、南湖のポイント

ポイントは人が多いので、駐車場が完備されているエリアには極力行かない!

行くんだったら、ウェーダーを持って人がいないところまで移動する!

わざわざ人が多いところでやる必要はありません。

ちょっとの時間を割いて、人がいないポイントで釣りをするだけで、ストレスもたまらないし、自分だけの癒しの時間を満喫することができます。

ポイント選びを絶対にめんどくさがってはいけません。

最初は面倒ですが、トータルで見ると、人がいないエリアを探してから、釣りに入ったほうが、絶対に充実します。

釣りは隣のアングラーと競って釣りをするもんじゃないです。

楽しんだもん勝ちです。

鼻息を荒くして、隣のアングラーのポイントにヘビキャロをぶん投げるとか、そういうことはやめましょうねw

では!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする