琵琶湖バス釣り、4月のパターン、釣り方、ポイント解説

琵琶湖の4月は、もはやスプリングです。

天気もあったか〜い感じになって、おかっぱりも前向きに釣りができるようになってきます。

ですが、それは南湖で釣りをするときの話。

北湖は、奥琵琶湖のような地域によっては、普通に寒いです。

4月といえど、エリアによっては、春の進行が遅いというポイントもあるということを頭に入れておきましょう。

そんな、4月の琵琶湖のパターン、釣り方、ポイントを解説していきます。

スポンサーリンク

4月、琵琶湖のパターン

4月は、南湖と北湖でパターンが違ってきます。

南湖の4月は、東岸のリップラップを釣っていくのがキーになってくるかと。

3月までは、西岸をメインに回っていくと思いますが、4月になってからは、東岸のリップラップにバスが回ってきます。

詳しい解説は↓

→南湖バス釣り、4月のパターン、釣り方、ポイントはコチラ

北湖の4月は、シャローをより強く意識して釣っていくのがいいかと。

そして、自分が気になるポイントを何度も入り直す。

これがキーになってきます。

詳しい解説は↓

→北湖バス釣り、4月のパターン、釣り方、ポイントはコチラ

琵琶湖、4月の釣り方

南湖で釣る場合は、クランクベイトとチャターベイトを軸に釣っていくといいかと。

個人的には、4月は東岸をメインに釣っています。

さらにいうと、東岸の濁っているリップラップ。

そして、リップラップにコツコツとクランクを当てて釣り歩くのが僕のスタイルです。

その日の天候によって、水質が変わってきますが、状況に応じて、チャター、スイムジグにローテーションさせていきます。

北湖で釣る場合は、とにかく目立つルアーをシャローに投入します。

それが、ヘビーウエイトのスイムジグなのか、ビックベイトなのかは、その日の気分で決まります。

一番意識しているのは、ルアーのチョイスよりもシャローを釣ることかなと。

そして、気になるポイントは入り直すこと。

これを意識すると、ダラダラ釣りをしなくて済むし、1日集中して釣りをすることができます。

琵琶湖、4月のポイント

4月の琵琶湖。

ポイントはエリアによっては季節進行が異なるということです。

南湖と北湖では進行がズレています。

奥琵琶湖で釣りしていて、その日のうちに南湖で釣りをすると、

おそらくバスの反応を得るのは難しいかと。

やるなら、南湖か北湖どちらかのエリアに絞って釣りをしていくことによって、春のデカバスに近づくことができるかと。