北湖バス釣り、4月のパターン、釣り方、ポイント

ども管理人です。

4月の北湖。

3月に比べたら温かくなっているけど、奥琵琶湖は、まだまだ寒い。

でも、その寒い感じが個人的にはめちゃめちゃ好きなんですけどねw

そんな4月の北湖のパターン、釣り方、ポイントを解説していきます。

スポンサーリンク

北湖、4月のパターン

3月でも、当サイトはシャローオンリーの展開を推奨していますが、4月は、さらにシャローオンリーの展開で行ってもらえたらと。

大切なのは、気になったシャローを何度か入りなおすことです。

ココは毎年いい思いしてるんだよなー。

みたいな自分だけのお気に入りのポイントがあったら、いつもより多く、そのポイントに入ることをオススメします。

北湖、4月の釣り方

釣り方は、巻物全般で。

春はビックベイトをただ巻きで釣れるシーズンなので、積極的に使っておきたいところです。

ジョイクロマグナム、スラスイ250などなどのデカめのビックベイトを導入していきましょう。

ただ、ロックエリアはかなりの確率で根がかるので、通いこんで地形を把握しているエリアだけにしておきましょうw

ビックベイトはマジ高いですからw

おそらくロストしたら、その日はモチベーションが終わります。

まとめると、巻物全般で釣りつつ、できたらビックベイトを導入する。

この展開が個人的にはおすすめです。

北湖、4月のポイント

最初に述べましたが、大切なのは自分が、

ココはバスが居そうなんだけどなー。

っていう、第六感でもいいですし、過去の経験から来た直観でもいいんですけど、そういったポイントには1日のうちに何度か入りなおすのがポイントかと。

春のバスはタイミングがキーです。

例え、居ても食わなかったりして、タイミングを変えるだけで、あっさりと食ってくることはよくあることです。

まとめ

北湖で釣りをしていると、自分がどのポイントでやっているのかを忘れてしまいがちです。

このポイントはワンドになっているのか?

底質はどうなっているんだろうか?

などなど、釣りをしているときにちょっと考えるだけで、次にどのポイントに行こうか決めやすくなってくるかと。