南湖バス釣り、4月のパターン、釣り方、ポイント

4月の南湖。

もう、完全に春です。

完全に春という表現は、おかしいですが、基本的に4月は春です。

寒くなったりもしますが、シャローにバスは確実にさしています。

南湖の春は、西岸から始まるというのは、3月の南湖のパターンで解説しました。

→南湖バス釣り、3月のパターン、釣り方、ポイント

春は西岸から始まりますが、4月からは、東岸のリップラップエリアを視野に入れるのがポイントになってくるかと。

そんな、南湖の4月のパターン、釣り方、ポイントを解説していきます。

スポンサーリンク

南湖、4月のパターン

南湖も4月になってくると、シャローでバスが比較的釣れやすくなってくる季節です。

そして、3月までは、西岸がメインですが、4月からは東岸でも釣果が出てきます。

それは、東岸のリップラップからザリガニが出てくるからです。

もちろん、産卵するためにハードボトムを探しているバスもいますが、ザリガニを捕食しにくるバスを狙うのがパターンになってきます。

東岸のリップラップエリアでザリガニを捕食しに来るバスを狙う。

さらに、リップラップのエリアが濁っているとバスを騙しやすくなってくるので、チャンスです。

では、具体的にどのような釣り方をしていけばいいのか、解説していきます。

南湖、4月の釣り方

3月は、いろいろなルアーを使うことを、当サイトでは推奨していました。

ですが、4月は、クランク、チャターを多用すると釣果に差がつくかと感じています。

4月は、東岸の濁っているリップラップを釣るのがキーになってきます。

だったら、それに見合ったルアーをチョイスするのが得策。

そうなると、波動の強いクランク、音が強いチャターを多用すると、バスに効果的にアピールできるかと。

また、クランクを使うときは、リップラップに当てながら釣ることで、リアクションバイトを誘発できます。

リップラップエリアが濁っていなくて、水質がステインだったら、スイムジグなどでアピールが弱いルアーを導入してみるのもいいかと。

南湖、4月のポイント

ポイントは、東岸を中心に釣ることです。

特にリップラップを中心にシャローをゴリゴリと巻くことが大切になってくるかと。

リップラップは根がかりも考えられるので、根がかり回収機も必ず用意しておきたいアイテムです。