琵琶湖バス釣り、3月のパターン、釣り方、ポイント

ども、管理人です。

3月になると、琵琶湖のアングラーも急に増えてくるシーズンというか、

みんなが琵琶湖に集まりだす季節ですね。

そんな3月は琵琶湖も賑わってきて個人的にもうれしいですね。

南湖、北湖ともにデカバスが釣れるチャンスがある3月。

玄人系アングラーにとっては、もうデカバスのシーズンは終わった。

なんて方もいるかと思いますが、僕は3月もまだまだデカバスが釣れるシーズンです。

そんな、琵琶湖の3月のパターン、釣り方、ポイントを解説していきます。

スポンサーリンク

琵琶湖、3月のパターン

南湖と北湖では、季節のズレがあります。

南湖で春を感じていても、北湖はまだ冬。

そんな感じのことはよくあります。

とくに、南湖と北湖の最北端では全然ズレがありますので、そのあたりを頭に入れて、釣りをすると、得る経験値が変わってくるかと。

南湖の3月

南湖の3月は、西岸からはじまるかと。

例年、春バスは西岸から釣れはじめます。

なので、3月から釣りを始める人は西岸の浜から、釣り歩くといいかと

→南湖バス釣り、3月のパターン、釣り方、ポイントはコチラ

北湖の3月

北湖の3月は、シャローをメインに。

ディープは、おかっぱりでやる際は、思い切って釣らないほうがいいかと。

1日シャローを釣りきって。

今日は釣れなかったな!!

そんな感じで割り切れるほうが素敵です。

→北湖バス釣り、3月のパターン、釣り方、ポイント

琵琶湖バス釣り、3月の釣り方

3月になると、ルアーのチョイスは結構シビアに選択していったほうがいいかと。

1日バイブレーション!!

とか、

スイムジグだけ!!

とかでもいいんですけど、春はルアーのチョイスがしびあになります。

野池のバス釣りでもそうだと思うんですけど、

ワームには反応しないのに、スピナーベイトには反応する。

そんなことって春によくありませんか??

僕はそれを野池アングラー時代に何度も経験しています。

それは琵琶湖でも同じこと。

とにかく、キャスト数も大事ですけど、様々なルアーを投げることを意識する。

琵琶湖の場合、ルアーのチョイスによっては、釣果が大きく変わるフィールですので、そのへんを意識してもらえればと

琵琶湖バス釣り、3月のポイント

ポイントは、南湖と北湖でシーズンがズレていることを自覚すること。

とくに、北湖の最北端、奥琵琶湖は3月でも雪が降ることはよくあるので、防寒対策もしっかりとしていきましょう。

一番大切なのは、通いこみ続けることです。

何事もコツコツと積み重ねていきましょう。

塵も積もれば山となる。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする