北湖バス釣り、3月のパターン、釣り方、ポイント

北湖の3月。

2月に続いて、根気が必要になる時期です。

→北湖バス釣り、2月のパターン、釣り方、ポイントはコチラ

基本的にはシャローオンリーの展開でいいかと。

ムリにディープとかを釣ると時間がかかるし、

そういう釣りはガイドにお願いして、釣らせてもらえればいいんですよ。

僕たち、おかっぱりアングラーがすることは、

淡々とシャローを釣り続けること。

そして、1日やって釣れなくても、

よっしゃ今日も経験値積んだぜ!!

ぐらいのポジティブさが必要になってくるのが北湖です。

釣れそうで釣れない3月の北湖。

北湖といっても、北湖最北端と野洲川河口付近では、季節の進行にズレがあります。

基本的には最北端のほうが季節の進行が遅いということを頭に入れていてください。

そんな、北湖。

3月のパターン、釣り方、ポイントを解説していきます。

スポンサーリンク

北湖、3月のパターン

3月のパターンとしては、とにかく、

シャロー展開でやっていく。

これに尽きるかと。

いろいろ考えて、ディープのバスを狙うと、おかっぱりの場合、

結局1日何をやっていたんだろうか??

そんな思いになってきます。

それよりも、シャローに焦点を当てて、1日やりきってみる。

その結果、

あーまだ、シャローにバスがさしてきてなかったかー。

みたいな感じで判断がつくとかと。

ただ1日やりきって、判断するのではなく、毎週通いこんでいくことによって、徐々に春のバスに近づいていく感じ。

これがキーになってくるかと。

3月、北湖の釣り方

3月は南湖と同じでいろいろな釣り方で展開していくのがいいかと。

→南湖バス釣り、3月のパターン、釣り方、ポイント

スイムジグ、バイブレーション、スイムベイトなどなど。

琵琶湖はバスがでかいので、ルアーがでかすぎるなんてことはないので、強気なルアーセレクトで北湖に挑んでおきたいところです。

あまり難しく考えずに、シャローのエリアをランガンしていく。

これで、釣果は確実に近づいていくかと。

3月、北湖のポイント

ポイントは、北湖最北端と野洲川付近の下のほうのエリアでは季節のズレが生じるということです。

まずは、これを頭にいれて、釣りをすることによって、釣りを組み立てやすくなるかと。

ただ、3月といっても、1日やって1匹釣れるか釣れないかのシビアな時期ですので、何度も通う気合いと向上心が必要になってくるかと。

それでは、また!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする