南湖バス釣り、3月のパターン、釣り方、ポイント

3月になったら、確実にバスはシャローに動き出しています。

3月の下旬に向かうにつれて、釣果も出てくるのが3月の南湖です。

そして、冬からコツコツと釣りにいっている人ほど結果を出しているものです。

3月の南湖は、ぜひとも釣りをしてほしい。

仕事、家族サービスなどなど、やることはいっぱいあります。

だからこそ、3月の南湖でバス釣りをして、デカバスを釣ってみませんか?!

当サイトでは、そんなおかっぱりアングラーを応援しています。

それでは、3月の南湖、パターン、釣り方、ポイントを解説していきます。

スポンサーリンク

南湖、3月のパターン

南湖の場合、春を感じ始めるのが西岸です。

西岸でウェーダーで釣りをしている人が増えるのも3月くらいからです。

そして、西岸で釣ったバスを見て、どれくらいシーズンが進んでいるのかというのを確認します。

3月までにバスを釣っていない人は、この最初の1匹を釣るのが結構大変です。

今が冬なのか、それとも春なのか、アングラーの迷いが出るからです。

ですが、バス釣りは迷いがあって当然ですので、一つ一つ釣り方を消していくイメージでやってもらえればと思います。

まずは、西岸でバスを釣ってみる。

そして、季節が進行していると思ったら、東岸のリップラップ帯で釣りをしてみる。

いろいろ釣りの広げかたはあります。

南湖、3月の釣り方

3月からは、釣り方にバリエーションを持たせるのが大切になってきます。

冬の琵琶湖では、限られたルアーで根性論が大切になってきましたが、春は試行錯誤をしていくのが大切になってきます。

西岸で釣りをするなら、バイブレーション、スピナーベイト、ミノーを軸に展開していく。

東岸ならクランクベイトを、リップラップでゴリ巻してみるとか。

いろいろあるのですが、個人的には、スピナーベイトとミノーの釣りが堅実かと。

大切なのは、ルアーよりもエリア選択です。

ここは違う!

そう思ったらすぐに移動していきましょう。

時間帯によって釣れるエリアが変わるのが春です。

一つ一つエリアを絞り込んでいく気持ちで釣ってもらえればと思います。

南湖、3月のポイント

3月の南湖でのポイントは、釣れたバスからシーズンの進行を判断すること。

それと、ルアーをいろいろ試してみること。

そして、西岸から釣りを始めること。

なぜなら、春は西岸から始まるからです。

おかっぱりでもガンガン移動して、試行錯誤して釣りをしていくことがポイントになってきます。

それでは!