琵琶湖バス釣り、冬のパターン、釣り方、ポイント

冬になって、琵琶湖でバス釣りをしていると気づくことがありませんか?!

それは、

他のシーズンに比べて釣り人が少ないということ。

そして、向上心のある、素晴らしいアングラーが残るということ。

まず、この記事を読んで少しでも冬のバス釣りを勉強をしようという時点で、あなたは素晴らしいです。

だからこそ言いたいことがあります。

ハイシーズンに隣でキャストをしているアングラーに集中力を削がれないでほしい。

たまにマナーの悪いアングラーがいるのも事実です。

でも、その方たちは、ハイシーズンの時に楽しむというタイプのアングラーなんです。

だからさ、あなたが冬に釣りをしているアングラーなら、いちいちマナーの悪いアングラーに苛立たないでほしいんです。

ただ、それを最初に言いたかっただけです。

そんな、選ばれたアングラーだけが釣りをする時期が冬です。

僕は根性論が好きではないですが、冬は修行と考えて、釣りをしています。

コツコツと釣りに行くことによって、春に向けてレベルを上げておきましょう。

それでは、琵琶湖の厳しい冬の、パターン、釣り方、ポイントを解説していきます。

スポンサーリンク

琵琶湖、冬のパターン

バス釣りで冬といったら、12月からでしょうか?!

人によっては11月からという人もいますが、当サイトでは12月〜2月までを冬と定義しています。

冬のパターンは、ベイトフィッシュと流れのあるエリアを選ぶことです。

これは12月〜2月にかけて共通していることです。

琵琶湖の冬の月ごとに関するパターンは↓

→琵琶湖バス釣り、12月のパターン、釣り方、ポイント

→琵琶湖バス釣り、1月のパターン、釣り方、ポイント

→琵琶湖バス釣り、2月のパターン、釣り方、ポイント

琵琶湖、冬の釣り方

冬はライトリグが前提になっています。

でも、それは関東地方。

琵琶湖は別です。

50アップが日常的に釣れている、このデカバスレイクでライトリグを使用することはもったいないです。

バイブレーション、スイムジグなどをガンガン巻いていくことが大切かと。

冬こそベイトリールを使い倒す。

個人的には、そんな思いで釣りをしています。

北湖と南湖で釣り方は変わってきます。

いや、変わるというよりも、気持ちのあり方が大切になってくる時期です。

当サイトでは、南湖と北湖の月ごとの釣り方を解説しています。

このサイトをお気に入り登録してもらって、参考書のように読んでもらえれば嬉しいです。

→南湖バス釣り、12月のパターン、釣り方、ポイントはコチラ

→南湖バス釣り、1月のパターン、釣り方、ポイントはコチラ

→南湖バス釣り、2月のパターン、釣り方、ポイントはコチラ

→北湖バス釣り、12月のパターン、釣り方、ポイントはコチラ

→北湖バス釣り、1月のパターン、釣り方、ポイントはコチラ

→北湖バス釣り、2月のパターン、釣り方、ポイントはコチラ

釣り方を参考にするというよりも、釣り対する姿勢を意識して欲しいのが、当サイトの管理人の願いです。

琵琶湖、冬のポイント

ポイントは、根性。

そして、防寒ですw

超シンプルだけど、最強です。

防寒はタックルよりも大事です。

今シーズンの冬は、ベンチコートを導入しようと考えているくらいですからねw

初売りでアンタレスDCとか買うのもいいと思います。

アンタレスDCを買ったらついでに、ルアーも買うと思います。

だけど!

そのルアー代をユニクロのヒートテックに使いませんか?!

ルアーはいくらでもあるはずです。

南湖で冬に釣りをするなら、バイブレーションで十分です。

むしろ、一つのルアーだけを使いこなすことによって、集中力が持続します。

だから、防寒対策をしっかりしましょう。

キャストをしていて、暑くなってくるぐらいの防寒をしているくらいが最適ですね。

冬は、なにかとバスからの反応が減るシーズン。

でも、アングラーの気持ち次第で、いくらでも楽しめるはずです。

お互い頑張っていきましょう。いや、楽しんでいきましょう!

管理人
冬場に出会うアングラーって努力家の方が多いから、いろいろ話を聞くとめちゃめちゃ学びがあります。冬の出会いに感謝!
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする