琵琶湖バス釣り、2月のパターン、釣り方、ポイント

ども、管理人です。

2月は、南湖と北湖どちらのフィールドも激アツです。

個人的には、北湖のほうが好きですけど。

なんか、南湖って頑張って釣ったわりに感動が少ない気がする。

いや、南湖での釣りに慣れているだけかもしれないです。

そんな、2月の琵琶湖のパターン、釣り方、ポイントを解説していきます。

スポンサーリンク

2月琵琶湖、パターン

2月は、厳しい。

1日粘っても釣れるか釣れないか。

それでも、チャンスはあります。

朝夕まずめのバスが捕食をする時間帯。

日中、一時的に水温が上がる時間帯。

ベイトフィッシュが豊富にいるエリア。

おかっぱりでも戦略を練って、考えて釣りをするだけで、

いくらでもチャンスがあるのが2月の琵琶湖のパターンです。

2月琵琶湖、釣り方

超定番の釣り方は、浜大津、におの浜周辺でのおかっぱり。

ここは、毎年2月でも数多くのおかっぱりアングラーで賑わっています。

釣り方は、バイブレーションあるいはメタルバイブレーションを遠投。

そして、ただ巻きかリフト&フォールで誘う。

これを1日中やるってわけです。

結構修行です。

個人的に、南湖で粘るよりも1発北湖でデカイの狙ったほうが、リターンが大きいと思いますけどね。

なんだろ、浜大津で釣りをしていると、釣果が予想できるじゃないですか?!

だいたい1日やったら釣れるなーとか。

北湖はそういうのないですからね。

予想外のところから食ってくる。

気を抜いた瞬間に食ってくる。

そんな、2月の北湖でのおかっぱりが好きです。

→北湖バス釣り、2月のパターン、釣り方、ポイントはコチラ

でも、2月の琵琶湖でバスを釣ったことがない人は、ひとまず南湖で経験値を積んで、冬でも釣れるという自信をつけましょう。

→南湖バス釣り、2月のパターン、釣り方、ポイントはコチラ

2月の琵琶湖、ポイント

2月の琵琶湖でのポイントは、

粘ること、キャストし続けること。

これに尽きます。

どんなに高性能なリール、ロッドを使っても、

4時間くらいキャストして帰っても意味がありません。

バスワンにメジャークラフトのエントリーモデルでも、気合いと根性で1日粘る人が最強です。

当サイトの管理人は、根性論がめちゃめちゃ嫌いですが、冬はどうしても、根性論が大切になってきます。

自分はこのポイントであっているのだろうか?!

ルアーが間違っているのだろうか?!

自分のやっていることは意味があるのだろうか?!

そんなことを釣りをしている時に、頭の中でグルグル回ってきたら要注意です。

そういう時は、1時間くらい休憩するという勇気も必要です。

一旦脳を冷ましてから、淡々とルアーをキャストする。

それでも、釣れなかった。

別にいいじゃないですか!!

釣れなくても経験はついているはずです。

冬はアングラーが減るシーズンとともに、向上心のあるアングラーが残る季節です。

あなたが冬で釣りをしているということは、それだけ自分が向上心の強いアングラーだということを忘れないでください。

ちなみに2月の下旬はとくに春を感じるためにも通いこみたい時期です。

・バス釣りの2月下旬の考え方

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする