北湖バス釣り、2月のパターン、釣り方、ポイント

北湖のバス釣り、2月になると、もはや水中のバスは春を意識して行動をし始めています。

それも、あなたの自己レコードを超える可能性のあるバスが。

そんな、自己レコードを2月の北湖で釣るための、パターン、釣り方、ポイントを解説していきます。

スポンサーリンク

北湖バス釣り、2月のパターン

北湖の2月は、最初にも書きましたが、水中は春に近づいています。

規格外のバスは、産卵を意識してシャローをウロウロしています。

まずは、そのことを頭に入れて北湖で釣りをするのが大切になってきます。

パターンとしては、シャローでウロウロしているメスのバスを狙う。

これが個人的にはオススメです。

あまり、難しく考えないで、シャローにいるバスを釣るのが2月の北湖のパターンになってくるのではないかと。

北湖バス釣り、釣り方

釣り方は、基本巻物で。

スピナーベイト、スイムジグ、バイブレーションなどの巻物をシャローでガンガンと巻き倒していきましょう。

個人的には、スイムベイト、スピナーベイトの2つが使いやすくて、スローにも巻けるのでオススメです。

おかっぱりの場合、飛距離も欲しいので、スイムジグという選択もありなのですが、その分、スイムジグを重くしないといけなくなるので、どうしても巻き速度が早くなってしまいます。

冬は早巻きを推奨している僕ですが、春に関しては、なるべくゆっくり巻いたほうが釣果につながりやすいと感じてるからです。

なので、ゆっくりも巻けて、飛距離の出るスピナーベイトあたりがオススメな釣り方かと。

気になるポイントに入って、まずはキャストしてみる。

そして、感じたことを素直に行動に移してみる。

この繰り返しで、2月の北湖は攻略できるかと。

結局はトライ&エラーの繰り返しです。

2月北湖、ポイント

2月、北湖のおかっぱりで、ポイントとなるのは、

冬だと思わないことです。

そのためには冬の間からコツコツと釣りに行くのが一番いいのですが、

この記事を見ているあなたは、もしかしたら、久しぶりに釣りに行くかもしれません。

なので、冬だと思わないためにも、

無駄に厚着で釣りをしてくださいw

これは冗談に聞こえますが、マジです。

厚着になる→暑い→春が近づいていると感じる。

そうすると、バスもシャローにいるはずだと感じて、ガンガンとシャローを巻くマインドが少しでも備わってきます。

これは、小手先のテクニックですが、

ある程度は聞きます。

2月からいきなり釣りをする人で、冬の釣りをしてしまうのは仕方がないこと。

ただ、あなたが思っているよりも、シーズンは進行しているということを理解してもらえればなと。

それでは、また!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする