琵琶湖バス釣り、大谷川河口周辺のおかっぱりポイント、釣り方

このエリアは基本的に超平凡なポイントです。

ですが、大谷川河口だけは急深になっていて、変化のあるポイントです。

水深が深くて、流れが強いのが大谷川河口周辺の特徴かなと。

なので、回遊してくるバスを狙うスタイルになるので、じっくりと釣る気持ちが必要になってきます。

そんな、大谷川河口周辺のおかっぱりポイント、釣り方を解説していきます。

スポンサーリンク

大谷川河口周辺のおかっぱりポイント

大谷川河口

基本的には、この大谷川河口で粘るだけでいいかと。

他のポイントで釣りをしてもいいのですが、変化がないので、キャストしているアングラーが燃え尽きる可能性があります。

なので、大谷川河口の一点集中でいいかなと。

大谷川河口周辺の釣り方

大谷川河口周辺は水深が深く、湖流もあるので、重めのリグを使用すること前提に釣りを組み立てるといいかもです。

当サイトの管理人は1.5オンスぐらいのシンカーをつけてヘビキャロをよく遠投します。

あるいは、1オンス前後のフットボールジグ。

トレーラーはシャッドテールワームをセットして、スイムジグみたいな感じで広範囲に釣りを組み立てていきます。

まとめ

大谷川河口は、オカッパリからでもディープを狙うことができるために、ボートアングラーとポイントがかぶることがあります。

くれぐれもトラブルにならないように釣りをしていきたいもんですね♪

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする