琵琶湖バス釣り、北小松漁港~滝川河口のおかっぱりポイント、釣り方

滝川河口が個人的に激アツ。

いきなり急深になっているので、足場を気をつける必要がありますが、

釣り方とタイミングさえマッチすればデカバスに出会う可能性は高くなるのが、このエリアの特徴です。

そんな、北小松漁港~滝川河口のおかっぱりポイント、釣り方を解説していきます。

スポンサーリンク

北小松漁港~滝川河口のおかっぱりポイント

滝川河口

滝川河口は、いきなり深くなるので、ウェーダーで釣りをしている人は注意してください。

夜釣りをする場合は、日中に釣りをしたことがある人だけにしてください。

周囲には、取水塔もあるので、釣りを組み立てる際に1つの軸にしてもらえればいいのではないかと。

アユの養殖場前

周辺には、桟橋があって、桟橋の沖にはコンクリートの障害物がなんか沈んでいるポイントです。

個人的には、とりあえずライトテキサスなどを沖に送り込んでいます。

北小松漁港~滝川河口の釣り方

やっぱり一番は、滝川河口かと。

まずは、滝川河口に行ってみる。

それで、先行者がいたら、アユの養殖場前付近で釣りをしながら、先行者がいなくなるのを待つ。とかね。

まあ、いろいろ釣り方はありますけど、ボクだったら、こんな感じで滝川河口のポイントが空くのを待ちます。

結構粘りそうな人だったら、エリア自体を移動しますけどね。

釣り方は、滝川河口の場合、急深のポイントなので、バイブレーション、ヘビダンなどで、ボトムにすぐに到達するリグをチョイスして、ある程度粘って釣っていきます・

まとめ

湖西は、滝川河口みたいなポイントはいくつもあります。

先行者がいたら、無理くり入り込むのではなく、ほかのポイントに移動したほうが、結果的にストレスもたまらないのでオススメです。

それでは、また!