琵琶湖バス釣り、近江白浜周辺のおかっぱりポイント、釣り方

北湖の西岸で、これだけウィードが形成されていて、フラットなエリアは近江白浜が一番ではないでしょうか?

ひたすら、浜が続いていますが、ウィードもひたすら続いています。

この単調なエリアをいかに淡々として、釣りを組み立てていけるか??

それが、このエリアで釣果を出すポイントになってくると思います。

そんな、近江白浜周辺のおかっぱりポイント、釣り方を解説していきます。

スポンサーリンク

近江白浜周辺のおかっぱりポイント

鯰川河口

鯰川河口周辺には、流れ込み以外にも、岩がポツポツと水中に沈んでいます。

ひたすら浜が続くポイントで、こういった変化のあるところはぜひとも釣っておきたいところです。

鯰川河口以外にも、近江白浜周辺は小さな流れ込みが存在しています。

釣り歩いて、そのようなポイントを見つけたら、その周辺をまずは釣ってみましょう。

近江白浜周辺の釣り方

近江白浜は、フラットな地形で、ウィードが延々と続いています。

なので、これをテキサス、ラバージグなどの打ち物でやっていたら時間がかかりますよね。

なので、当サイトの管理人はスイムジグ、スピナーベイトなどの広範囲に素早く探れるルアーをチョイスしています。

その時もスイムジグは最低でも3/8オンス以上、スピナーベイトも1/2オンス以上の重さにして早巻きに対応できるようなタックルを組んでいます。

そして、そのタックルで、

ゴリ巻きの早巻きのダブルパンチ!!

これが経験値を積むのにはいいかなと。

できればリールもハイギヤを組むとより良いかと。

まとめ

湖西の浜は一見すると、どこを釣っていいかわからなくなるもの。

それでも、自分でわかる限り、地形の変化を見つけてみる。

そして、キャストして、どんな反応が返ってくるのか、自分で経験してみる。

それが、経験値となって、アングラーとしてのレベルを上げてくれます。

一緒に頑張りましょうね!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする