琵琶湖バス釣り、南船木〜鴨川河口のおかっぱりポイント、釣り方

ども、管理人です。

南船木〜鴨川河口付近は、いろいろな変化のあるポイントで、ぜひとも寄っておきたいポイントです。

いろいろなポイントがあるということは、釣り方も多種多様。

そんな、南船木〜鴨川河口のおかっぱりポイント、釣り方を解説していきます。

スポンサーリンク

南船木〜鴨川河口のおかっぱりポイント

金丸川河口周辺

金丸川という川があるのですが、その河口部が結構いい条件が揃っています。

地形的にワンドになっていて、ヒシモ、ブッシュが形成されているので、春にバスが遡上してくるエリアになっています。

なので、春によっておきたいポイントかと。

鴨川河口

鴨川という結構規模のでかい川があるのですが、その河口部です。

湖西で釣りをしていると、こういった河口部はいくつもあります。

鴨川の河口部は周辺がウィードで形成されているので、それを組み合わせて釣っておきたいところ。

南船木〜鴨川河口周辺の釣り方

金丸川河口

ここは、春においしいポイントになっています。

ヒシモ、ブッシュが形成されている上に、地形がワンドになっているので、太めのラインで釣っていきましょう。

個人的には、20ポンドのフロロラインにスピナーベイト、スイムジグでタイミングを変えて何度か入り直して釣っておきたいですね。

鴨川河口部

河口周辺はウィードが形成されているので、それに絡めて釣ることができるリグなら、なんでもいいかと。

個人的には、デスアダースティック、ドットクローラー、ヤマセンコーなどのストレートワームのライトテキサスで、リアクション的に食わせるのがオススメです。

まとめ

南船木〜船木エリアは駐車場が浜に近いので、どうしても浜で釣りをしたくなりますが、ポイントを絞ることで、たくさんのエリアを回ることができます。

自分が釣りをしているエリアで、どこを重点に攻めるべきか?

そうやって考えて釣りをすれば、エリアの選別もできてきます。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする