琵琶湖バス釣り、安曇川河口周辺のおかっぱりポイント、釣り方

安曇川は琵琶湖で最大級の流入河川です。

これってすごくないですか??

だって琵琶湖で最大級の流入河川ですよ!

まあ、行ってみるとわかりますけど、デカいです。

ただ、デカいだけでなく、地形の変化などもあるので、なにかと得るものはあるはずです。

そんな安曇川河口のおかっぱりポイント、釣り方を解説していきます。

スポンサーリンク

安曇川河口周辺のおかっぱりポイント

安曇川河口

安曇川は南流と北流というものがあって、2つの川が形成されています。

北流と南流どちらの河口も、サンドバーが形成されています。

当サイトの管理人は、流入河川のサンドバーとロックエリアが大好きです。

なので、当然ですが、このサンドバーもしっかりと釣っていきます。

というか、一番のメインポイントです。

サンドバーに集まってくる多種多様なベイトフィッシュにつられて、集まってくるブラックバスを釣っていきましょう。

安曇川河口周辺の釣り方

基本的には、南流または北流どちらかのサンドバーに陣取って、ヘビキャロを投げたいところ。

ですが、時期によってはウィードが形成されていて、ヘビキャロがしずらい状況が出てきます。

なので、基本はヘビキャロ。

ウィードが形成されているときは、ライトテキサス。

そして、秋などベイトフィッシュがキーになってくる場合は、ミノー、スイムジグなどの巻物で高速巻きが有効になってきます。

まとめ

安曇川自体の規模がでかいので、安曇川で釣りをしてもおもしろいのですが、意外に釣りずらいです。

足場とか悪いですし。

なので、河口部に陣取ってヘビキャロスタイル!

これが最強かと。

あまりヘビキャロをしない僕ですが、このエリアはヘビキャロで粘りたいところですね。