琵琶湖バス釣り、木津浜周辺のおかっぱりポイント、釣り方

木津浜周辺は、地図で見ると、すごいワンド状になっているポイントです。

一度自分で見てみてください。

まあ、カーナビで見てもいいですけど。

そんな、木津浜周辺はワンド状の地形になっているだけでなく、漁港や取水塔、漁礁とストラクチャーが豊富にあります。

エリア的にすごい一級のポイントになっているので、ぜひとも釣っておきたいところ。

そんな、木津浜周辺のおかっぱりポイント、釣り方を解説していきます。

スポンサーリンク

木津浜周辺のおかっぱりポイント

木津漁港

目に見える大きなストラクチャーです。

ストラクチャーにバスはつく。

これは、どの時代も言われているバス釣りのセオリーです。

だったら狙うしかないでしょ!!

近くには大きな桟橋が2つあるので、その周辺も釣っておきたいところです。

取水塔

白い取水塔が目印の木津浜の取水塔。

この導水管はむき出しになっているので、その導水管に居ついているバスを狙ってみるのもいいかと。

自分次第でいろいろなアプローチができるポイントになっています。

木津浜周辺の釣り方

木津漁港周辺と取水塔をタイミングを変えて、何度か入り直す釣りが、結構実績があります。

おかっぱりは、ポイントを選べないもんです。

だったら、タイミングを変えて何度も釣っておくぐらいのしつこさが必要です。

このポイントでこのルアーを投げてれば釣れます!!

みたいなことはバス釣りには、通用しません。

野池なら通用するけど。。。

琵琶湖の場合は、シーズンによってバスがきっちりと移動するフィールドです。

その中で木津浜では、どのように釣っていくか??

当サイトの管理人は、

タイミングを変えて入り直せ!!

これしか言えないですね。はい。

まとめ

エリア的にはめちゃめちゃいいポイントかと。

それだけ、釣り人も多いので、いかに淡々と釣りを組み立てていくことができるか。

これがポイントになってきます。

人生も釣りも楽しんでいきましょう!

それでは、また。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする