琵琶湖バス釣り、石田川河口周辺のおかっぱりポイント、釣り方

ちす、管理人です。

石田川河口周辺はね、

めっちゃ期待できるポイント!!

当サイトの管理人はそう考えています。

特に、石田川河口は秋の超実績のあるポイントです。

足繁く通えば、何かを得ることができます。

もしかしたら、一匹も釣れないかもしれない。

それでも、石田川周辺で釣りをしたという経験値は、必ずあなたをワンランク上のアングラーに成長させてくれます。

そんな、石田川河口周辺のおかっぱりポイント、釣り方を紹介していきます。

スポンサーリンク

石田川河口周辺のおかっぱりポイント

石田川河口

メインとなるポイントです。

秋はベイトフィッシュが接岸してくる、超一級なポイントです。

10月から11月にかけての秋なら、半日ぐらいは粘っても全然いけるポイントです。

半日粘るのはしんどいという方は、1時間ぐらいは粘ってほしいポイントです。

とにかくベイトフィッシュが接岸してくるのを見極める必要が出てきます。

浜分漁港周辺

浜分漁港に魅力があるのではなく、その周辺を狙っておきたいところ。

小さな変化をどれだけ自分で探せるかがポイントになってきます。

石田川河口周辺の釣り方

石田川河口

とにかくベイトフィッシュが接岸してくるというタイミングを経験すること。

これが、このエリアまたは他の河口部でバスを釣るためのキーになってきます。

薄暗い時間帯はベイトフィッシュを超シャローでバスが捕食しています。

なので、朝夕まずめのタイミングでなんとかして、石田川河口で釣りをするのがいいかと。

ルアーは、早い動きに対応できるルアーなら基本的になんでもいいかと。

ただ、例外的にi字系ルアーをスパイス的に導入すると、意外に釣れたりします。

浜分漁港周辺

先ほども書きましたが、浜分漁港自体は魅力がありません。

それよりも、その周辺を釣っていく。

これがポイントになってくるかと。

ビックベイトで何度も護岸沿いを通すとか、ライトテキサスでネチネチと周辺のウィードを釣っていくとか。

いろいろあります。

自分で試行錯誤して釣っていくのが、楽しく、アングラーとして成長できるかなと。

まとめ

石田川河口は、規模がデカイのでそれだけ、タイミングによって釣果が大きく変わるポイントです。

1日やって、

石田川河口釣れねーわ!!

ではなく、どうすれば釣れるのかを考えて、トライ&エラーを繰り返していけば、一歩アングラーとして成長できているはずです。

人生も釣りもコツコツと積み重ねていくもの。

釣れないからといって釣具屋に行くのではなく、釣行回数を増やしていく。

釣りはドラクエと一緒です。

いけばいくほど、経験値が上がっていきます。

さらに、自分で考えてポイントを考えて釣り行くことで、大きな経験値を得ることができます。

お互いアングラーとして成長していきましょう。

年をとるごとに新しいリールを買っていくのではなく、年をとるごとにリールを使い込みたい。

そう管理人は思っています。

それでは、また!!