琵琶湖バス釣り、貫川内湖周辺のおかっぱりポイント、釣り方

最初に言っておきます。

このエリア、釣れにくいっす。

なんだろ、バスが回遊してこないのか、当サイトの管理人と相性が悪いのか、

なぜかはわかりません。

とにかく、釣りづらい。

そう思ってもらえればいいかと。

そんな、貫川内湖周辺のおかっぱりポイント、釣り方を解説していきます。

スポンサーリンク

貫川内湖周辺のおかっぱりポイント

貫川内湖と琵琶湖をつなぐ水路

この水路は、春などのスポーニングでバスがウロウロするポイントです。

また、貫川内湖周辺の河口は、沖までウィードが形成されているので、貫川内湖周辺は一通り釣っておきたいポイントになっています。

石積み

これは、石積み自体がポイントというわけではありません。

石積みの先端で釣りをして、少しでも沖を釣っておこうぜ!!

そんな感じのノリで紹介しているポイントです。

貫川内湖周辺の釣り方

基本的には、ヘビキャロで広範囲に探るのがいいかと。

このエリアは駐車場も近いので、おかっぱりアングラーが結構います。

そうなると、巻物で歩きながら釣っていくというのは、難しくなってくるので、1点でじっくりと探る釣り、となるとヘビキャロが一番いいかなと。

貫川内湖と琵琶湖をつなぐ水路は、スピナーベイト、スイムジグの巻物でパーと釣っていけばいいかと。

タイミングがめちゃめちゃ大事になってくるポイントです。

まとめ

貫川内湖周辺は、よく釣っている人はいますが、当サイトの管理人はどうも苦手です。

なんだろ、ヘビキャロでじっくりと探っていくのが苦手なんだと思います。

あまりいい経験をしたことのないポイントですが、アングラー次第で釣果は大きく変わります。

情報に流されないで自分の経験で釣りに行ってみてくださいね。

それでは!!