琵琶湖バス釣り、知内川河口周辺のおかっぱりポイント、釣り方

知内川河口はね、個人的に好き。

でも、案外人が多い。

そんな感じのポイントになっています。

また、近くには、百瀬川があるので、そこも一緒に狙うのがセオリーかと。

そんな知内川河口のおかっぱりポイント、釣り方を解説していきます。

スポンサーリンク

知内川河口周辺のおかっぱりポイント

知内川河口

メインとなるのが知内川河口です。

サンドバーが河口に形成されているのがポイントになっています。

サンドバーからディープに落ちるポイントを釣っていくのが大事かなと。

知内漁港

知内漁港は、釣り禁止のポイントではないので、釣りをしていも大丈夫です。

冬でも実績のあるポイントなので、オールシーズン狙っておきたいところ。

百瀬川河口

百瀬川河口は足場がいいので、ウェーダーを履いておかっぱりをするには、いいポイントです。

ウィードもしっかりと形成されているのもうれしいですね。

知内川河口周辺の釣り方

この地内川河口周辺は、

これぞ北湖!!

って感じのポイントになっています。

とにかく、サンドバーから一気にディープに落ちるといった地形は、北湖特有なので、それにあった釣り方をしていく必要があります。

基本的には、知内川河口~百瀬川河口を中心にサンドバーを釣っていくのがメインになっていきます。

サンドバーに鮎などのベイトフィッシュが接岸するときが狙い目です。

おかっぱりだからこその静かなアプローチで、ミノーやシャッドテールワームの巻きで釣っておきたいポイントです。

もちろん、サンドバーからディープにかけてのブレイクを、テキサスなどの打ちもので釣っていくのもアリです。

冬のシーズンは、知内漁港でライトリグをネチネチやるのも意外に楽しいです。

まとめ

知内川河口周辺は、ポイントが豊富にあるだけに、土日はアングラーが結構います。

ですが、アングラーがいない時が当然ですがあります。

そのときは、ぜひとも釣ってみたいポイントです。