琵琶湖バス釣り、海津エリアのおかっぱりポイント、釣り方

海津エリアはロックエリアと、湖西の特徴である砂浜エリアの境目にあるようなポイントになっています。

この海津エリアはある程度通いこまないと、どこがいいポイントなのかというのがわかりません。

なんでかっていうと、とにかく急深なんですよ。

だから、毎回キャストするごとにボトムまで落として釣っていくと時間がかかるんですよね。

そういった意味でコツコツと海津エリアでコツコツと通いこんで釣ってもらえればと思います。

そんな海津エリアのおかっぱりポイント、釣り方を解説していきます。

スポンサーリンク

海津エリアのおかっぱりポイント

鉄桟橋

ここは、海津エリアの駐車場からすぐ近くにあるポイントです。

規模は結構デカいので、鉄桟橋付近にバスが回遊している可能性があります。

鉄桟橋を釣って終わりではなく、周辺もサーチしておきたいポイントです。

義経の隠れ岩

昔、義経が隠れていたといわれている岩。

いや、本当かどうかは知りませんがw

義経の隠れ岩周辺はロックエリアになっているので、時間のあるときは、ぜひともよっておきたいポイントです。

まー僕だったら、歴史が好きなので絶対よりますけどねw

海津エリアの釣り方

とにかく急深になっていて、ポイントが絞り込みづらいです。

1日やっても、おそらく何をしていかわからなくなると思います。

僕がそうでしたから。

なので、1日で釣る!

みたいな感じで気負って釣りをするのでなく、コツコツと海津エリアを理解していくような、

好きな女性に対してするアプローチを心がけてください。

自分でも何を言っているのかわかりませんが、つまりは丁寧にボトムを探っていきましょうということです。

まとめ

海津エリアは湖西エリアのはじまりでもあります。

湖西エリアのはじまりのポイントということは、変化もなにかとあるもの。

まずは自分で目で確認して実際に釣りをしてみることでわかることがありますぜ!