琵琶湖バス釣り、二本松〜海津大崎エリアのおかっぱりポイント、釣り方

二本松から海津大崎にかけてのエリアは、春から初夏まではシャローがメイン。

そして、夏からはディープがメインになっているポイントです。

基本的に、ディープが隣接しているエリアになっているので、ロングロッドにスプール径のあるリールを持っていくといいエリアになっています。

まあ、つまりロングキャストが前提のエリアになっていますね。

そんな、二本松〜海津大崎エリアのおかっぱりポイント、釣り方を解説していきます。

スポンサーリンク

二本松〜海津大崎エリアのおかっぱりポイント

二本松漁礁周辺

駐車場から近くのポイントに二本松漁礁があります。

おかっぱりで狙う場合は、漁礁の周辺を回遊しているデカバスを狙うのがポイントになってきます

旧トークイン前

このエリアはシャローエリアになっています。

地形的には緩やかに水深が深くなってくるので、朝夕のバスが捕食してくるタイミングを狙ってみるのがポイントです。

あとは、近くに漁礁があるので、そこもポイントになっています。

二本松~海津大崎エリアの釣り方

とにかく飛距離がでるロッドをチョイスすることが大切。

基本的に、この二本松~海津エリアはシャローフラットがあったり、沖に漁礁があったりするエリアです。

なので、ヘビキャロやバイブレーションを使用して広範囲に釣っていくのが個人的にはかなりオススメかと。

スピニングタックルで釣りに行くときは、なるべくPEラインのセッティングで、重めのネコリグを使って、とにかく飛ぶタックルを選んでいきましょう。

まとめ

ここは、一見すると何もないように見えますが、ヘビキャロ、バイブレーションの巻物などで、水深、底質を調べていくうちに自分だけのスポットを見つけることができるポイントです。

ガンガン釣りにいって、自分だけの集中できるポイントを見つけていきましょう!!