琵琶湖でネコリグをしたいなら、MLクラスのロッドがベスト!

ども、管理人です。

前回、琵琶湖でネコリグを使うときのアクションの仕方を解説しました。

・琵琶湖で使うネコリグのアクション方法

そんな、ネコリグをアクションさせるときに、みなさんが気になるのは、

ロッドの硬さではないでしょうか??

まあ、僕も一時期は、

スピナーベイトだったらどんなロッドを使えばいいんだろ(汗

みたいな感じで、モジモジと釣り具屋で悩んでいた時期があります。

なので、この記事をみているということは、きっとネコリグでどのようなロッドを使えばいいか迷っているのではないでしょうか?

基本的には、どの硬さのロッドでも、ネコリグに使うワームとシンカーを調整すれば、ある程度使えます。

ですが、ある程度の基準というものは、ほしいもの。

そこで、当サイトの管理人がネコリグを使用するときの、ロッドの硬さを紹介していきます。

スポンサーリンク

基本はML~Mクラスのスピニング

ネコリグを琵琶湖で使う場合、あなたが釣りをするポイントのウィードの生え具合によって変化していきます。

さらにいうと、使うシンカーの重さによってもロッドの硬さのチョイスは異なってきます。

例えば、テキサスリグで釣りをするとき、

ドライブクロ―3インチに5gのライトテキサスで釣りをするときは、

Mクラスがいいのか、MHクラスがいいのか??

これは、完全に個人の好みによります。

僕はウィードをポロっとほぐしていきたいので、Mクラスのロッドを使用します。

これはネコリグにも言えることではないでしょうか??

そして、当サイトの管理人の場合、スピニングロッドでネコリグを使う場合は、MLクラスからMクラスが広範囲にいろいろなウエイトのネコリグをカバーできてかなりいいのではないかと。

個人的にはそう思っているのですが、

やっぱり、ネコリグの場合、テキサスリグと違うところはシェイクを常にすること。

テキサスはウィードをほぐして、ウィードを絡めてほぐしての繰り返しですが、

ネコリグはシェイクが前提です。

なので、琵琶湖でネコリグを使うときは、ロッドの長さにも気をつけておきたいところ。

6.9フィートぐらいの長さがシェイクもしやすいし、長時間使っていてもストレスがありません。

バス釣りを長くやっている人が、

スピニングのロングロッドを使うのは大丈夫ですが、

あまりバス釣りの経験がない人は、6フィート前後のスピニングロッドがいいではないかと。

それでは、また!!