琵琶湖バス釣り、大浦川河口エリアのおかっぱりポイント、釣り方

ども、管理人です。

てか、北湖で車で運転しているだけで癒されますよね。

そして、めちゃめちゃ綺麗な水の中でロッドを振る。

最高ですよね。

そんな、北湖。

北湖を北上していくと見えてくるのが、大浦川河口エリア。

まあ、近くには奥出湾エリアもあってめっちゃ魅力的なエリアです。

・奥出湾のおかっぱりポイント、釣り方に関する記事

大浦川河口エリアは、大浦川という川から、水が流れてきています。

って当然かw

そんな大浦川河口エリアのおかっぱりポイント、釣り方を解説していきます。

スポンサーリンク

大浦川河口エリアのおかっぱりポイント

大浦川河口

大浦川河口は、ウィードエリアで形成されています。

基本的には、バスがウロウロしているポイントなので、広範囲にバスの近くにルアーを通すのがポイントになってきます。

ファイブオーシャンスロープ前

ファイブオーシャンはボート屋なんですが、スロープがあります。

やはり、バスは変化につくもの。

北湖は人口物が少ないけど、ボート屋の近くにあるスロープはバスが寄っていきやすいポイントになっているので、ぜひとも釣っておきたいポイントになっています。

ロックエリア

大浦川河口エリアは、ポイントがちょっとズレますが近くにロックエリアがあります。

当サイトの管理人はロックエリアがめちゃめちゃ好きなので、基本的にがっちりと釣っていきます。

大浦川河口の釣り方

いろいろとポイントを解説しましたが、メインはやっぱり大浦川河口です。

春はバスが遡上してくる可能性があるので、大浦川も釣っておきたいところ。

まあ、春は巻物。

夏は、河口周辺に形成されているウィードをストレートワーム系のライトテキサスで釣っていくのがいいかと。

個人的にはデスアダースティックのライトテキサスがオススメですが。

ロックエリアは、ディープが隣接しているので、

冬から春にかけてバスがシャローに上がってくるタイミングで、

スイムジグ、ネコリグ、ライトテキサスなどで釣ってみるのがいいかと

まとめ

大浦川河口は北湖でも北に位置するポイントです。

ぜひ、このエリアで釣りをするときは、南湖に行ったりせずに北湖で1日粘って釣ってもらいたいのが管理人の願いです。