琵琶湖バス釣り、菅浦、黒土崎エリアのおかっぱりポイント、釣り方

菅浦、黒土崎エリアは、シャロー、ミドル、ディープといろいろなレンジを釣ることができるポイントです。

春はシャローを釣ってデカバスを狙う。

真夏の中、汗をダラダラと流しながら、ディープをヘビキャロで釣る。

まあ、いろいろと楽しい釣りをすることができるのが、菅浦、黒土崎エリアです。

そんな、菅浦~黒土崎エリアのおかっぱりポイント、釣り方を当サイトの管理人が解説していきます。

スポンサーリンク

菅浦~黒土崎エリアのおかっぱりポイント

菅浦漁港

菅浦漁港は近くに駐車場がポイントが近いのが特徴です。

なので、歩くのめんどくさい人とか、

久しぶりの釣りで早く釣りがしたい!!

そんな思いがある人はぜひともよってほしいポイントになっています。

駐車場からポイントが近いだけでなく、菅浦漁港周辺は水深がとにかく深いので、ディープで釣りの練習をしたい人はぜひとも、寄っておきたいポイントになっています。

黒土崎ロックエリア帯

この黒土崎ロックエリア帯は、岬上になっていて、水の流れもあたってベイトフィッシュもたまるし、ロックエリアにバスも身を隠せるので、おいしいポイントになっています。

北湖はロックエリアがいろいろなところにありますが、もちろん、黒土崎ロックエリア帯も狙うべきポイントになっています。

菅浦~黒土崎エリアの釣り方

シャローからディープまで隣接している、菅浦~黒土崎エリア。

当サイトの管理人はオールシーズン、このエリアで釣りをします。

まずは、菅浦漁港周辺をデスアダースティックのライトテキサスでディープまで落として、すばやくサーチする。

反応がなかったら、ネコリグ、巻物をローテーションさせていく。

そして、反応がなかったら、黒土崎ロックエリア帯に行きます。

釣り方は、菅浦漁港で釣りをしているときと同じです。

黒土崎のロックエリア帯もディープエリアなので、冬でも釣れる可能性は十分にあります。

あまり難しく考えないで、釣れなかったら移動するのが効率のいい釣り方ではないかと。

それでは、また!!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする