南湖バス釣り、2月のパターン、釣り方、ポイント

ちす、管理人です。

2月の南湖。

2月にとって、アングラーは冬を意識していると感じているかもしれません。

しかし、琵琶湖のバスは確実に春を感じて動き始めています。

だったらさ、それは狙うしかないですよね。

いきなり、2月に釣りに行く人よりも、12月~1月にかけてコツコツと釣りにいって経験値をためたアングラーが春を感じることができる2月。

そして、2月もめげずに釣り続けたアングラーが自己レコードに近づくことができるのが、2月の南湖です。

12月から1月に釣りに行っていなかった人でも、2月だけは釣りに行ってほしい。

そんな思いが当サイトの管理人にはあります。

頑張ろうぜ2月!

頑張ろうぜみんな!!

そんな2月の南湖のパターン、釣り方、ポイントを解説していきます。

スポンサーリンク

2月南湖、パターン

基本的に2月の南湖は1月と同じように釣っていけばいいかと。

ただ、アングラーが春を感じ始めたら、春の釣りを意識して釣りを組み立てていけばいいかと。

例えば、春だったら赤野井ワンドとかを回ってみるとか、流入河川を攻めてみるとかね。

そうやって自分自身で感じたことを、行動に移して、トライ&エラーを繰り替えすことによって、2月のハイクオリティのバスに出会う確率が高まります。

では、実際にどのように釣っていけばいいのでしょうか??

2月南湖、釣り方

春はやっぱり、バスとの出会う確率を上げていきたい。

そういった意味では、巻物を中心にエリアを回っていきたいものです。

南湖で効く巻物だったら、スピナーベイト、クランクベイト、スイムジグ、バイブレーション。あとはミノーとか。

まあ、なんでもいいですw

自分が自信のあるルアーを、そのエリアで使って、違和感がなければ釣れるかと。

あくまで大事なのは、第三者の意見ではなく、自分で試したトライ&エラーの経験値です

つまり、僕が書いていることや雑誌、映像の情報をうのみにするのではなく、自分で考えて、試行錯誤していく。

これをするだけで、流行りのルアーに手を出したり、雑誌の情報に流されなくなります。

なんというか、自分のレベルが上がっていることを体感してほしいです。

2月南湖、ポイント

2月の南湖、ポイントは2つあります。

1つは、あなた自身が春を感じること。

2つ目は、春を感じたら、それにあったエリアを探していくこと。

それも、自分で考えて。

少しでも太陽が温かくなったと感じたら流入河川に上がってきているバスを狙い撃ちしてみるとか。

南湖のワンドになっているエリアを地図で探して、自分で行ってみて、キャストしてみて、ウィードの生えぐあいをチェックしてみるとか。

やることはいっぱいあります。

コツコツと釣りにいって2月のデカバスを捕獲しましょう。

それでは、また!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする