琵琶湖バス釣り、1月のパターン、釣り方、ポイント

どうも!管理人です。

いやー、最近人生に行き詰まっているわけですがw

まあ、そんなことはどうでもいいですね。

スポンサーリンク

琵琶湖、1月の釣り方

琵琶湖の1月は、南湖と北湖によって釣り方が、変わってきます。

南湖は、湖流とベイトフィッシュの条件が揃っているポイントで釣る。

そして、そのようなエリアをどんどんランガンしていく。

そのために必要なのが、効率のいいルアーの使用です。

バイブレーション、スイムジグ。

この2つが個人的には、かなりいい釣りができるのではないかと。

まあ、南湖の1月の釣り方、ポイント、パターンも書いています。

・南湖バス釣り、1月のパターン、釣り方、ポイント

北湖は、自分の信じたルアーを使う。

そして、防寒対策を第一にする

いかに防寒対策が必要なのか。

・北湖バス釣り、1月のパターン、釣り方、ポイント

琵琶湖、1月のポイント

ポイントは南湖、北湖で釣りに対する姿勢を変えていくこと。

南湖は気楽に、でもやり切る姿勢で。

北湖は、

今日の釣りは精神修行にするぜ!

そんな感じで琵琶湖に釣りに行ってもらえればと。

まとめ

1月になると、琵琶湖に来るアングラーは極端に少なくなります。

ということは、自分の釣りを確立させる期間にになります。

なので、1月の琵琶湖に来ていて、

しんどい、帰りたい。

そう思った時は、

他のアングラーと差がついていると思えば、かなり前向きに釣りができるはずです。

そして、冬を乗り越えて、春を迎えた時に、思わぬバスに出会えているかもしれません。

ちなみに、1月よりも2月の方が釣れないイメージがありますが、

1月の方が釣れにくいと、当サイトの管理人は感じています。

2月はデカバスがシャローに上がってくるので、おかっぱりだったら釣りやすいと感じているからです!

それでは、また

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする