南湖バス釣り、1月のパターン、釣り方、ポイント

1月の南湖では年間最低水温になる時期でもあって、

ピーキーなコンディションになる月です。

ですが、この1月も毎週通っている人は、春にいい釣りができる可能性が高まり、

釣り人としてのレベルも確実に上がるのも事実。

精神修行、自分自身を追い込みたい人は、1日やりこむ季節です。

そんな、1月の南湖のパターン、釣り方、ポイントを解説していきます。

スポンサーリンク

南湖バス釣り、1月のパターン

流れを探す

流れがあるポイントは通年バスが釣れる可能性が高いです。

そこには、ベイトフィッシュが集まり、エサを食べに集まる、やる気のあるバスが集まるからです。

それを狙うのが1月のパターンです。

ベイトフィッシュを探す

流れのあるポイントにはベイトフィッシュがいる。

ですが、流れがあってもベイトフィッシュがいないことはあります。

その中で釣りをしていると、本当にこのエリアで大丈夫だろうか?

みたいなことを頭で考えると思います。

そんな時に、目安になるのが、カイツムリの存在です。

奴らはエサを食うために必死ですから。

カイツムリいるところにはベイトフィッシュがいる可能性が高く、

バスもいる可能性が高いです。

なので、理想は、

流れがあって、ベイトフィッシュがいるエリア。

これが南湖の1月のパターンではないかと。

そしたら、あとは効率よく回れるルアーをチョイスしていく必要が出てきますね。

1月の南湖の釣り方

冬は無理やり食わす。

そのために、メタルでリアクション!!

アリだと思います。

てか、毎年琵琶湖に通っているアングラーがメタルの釣りで

バスを釣っている定番の釣り方ですから。

ですが、僕が紹介した1月の南湖のパターンにおいては、

やる気のあるバスを狙っています。

そうなると、特に難しいことをしなくてもよくなります。

だって、やる気のあるバスは食ってくるから。

だったら、効率よくサーチできて、より多くのポイントを回れば、

バスは釣れる。

そう考えると、使用するルアーは、

スイムジグ、バイブレーション。

この2つをひたすら投げまくることが、そのまま釣果に繋がるかと。

スイムジグは、ミスバイトが多いので、そう感じた時はバイブレーションを使ってみてください。

僕はあまり、考えてないですけど、気分で使い分けていますw

1月の南湖のポイント

流れ+カイツムリがいるところで巻き倒す。

これをいかに信じてやり切ることができるかが、ポイントです。

個人的にはスイムジグとかのルアーにこだわるよりも、

流れのあるポイントを自分で考えて、セレクトして釣りをしてみる。

こういう過程がめちゃめちゃ大事です。

冬になるとルアーコレクターになる人がいますが、

ルアーにお金をかけるよりも、ガソリン代にお金をかけましょう。

ルアーはいつか劣化しますが、自分で考えて積み上げた経験は生きている限り一生モノです。

コツコツと経験を積んでいきましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする