琵琶湖バス釣り、塩津浜エリアのおかっぱりポイント、釣り方

塩津浜周辺は、琵琶湖最北端らへんにあるだけに、結構自然豊かです。

いや、もはや大自然。

そんぐらいのレベルになっています。

とにかくね、運転しているだけで気持ちいし、

釣りをしていて、空気を吸っているだけで、気持ちいわけですよ。

そんな、塩津浜周辺のおかっぱりポイント、釣り方を解説していきます。

塩津浜周辺のおかっぱりポイント、釣り方

塩津浜

ここは、まずウェーダーを持って狙いたいポイントです。

全体的にシャローですが、石積みがあったり、テトラがあったり、港が周囲にあって、

経験値を積むことができるポイントです。

全体的に浅いので、冬の終わりから春にかけて様子を見ておきたいポイントです。

大辛漁港

ここはね、ウィードもしっかり形成されているので、是非とも、狙っておきたいポイントです。

まあ、夏が一番アベレージサイズのバスが釣れて楽しいです。

北湖でバスを釣ったことのない人なんかは結構いいかも。

塩津浜周辺の釣り方

塩津浜周辺は、地形的に大きなワンドになっています。

なので、冬の終わりから春にかけて釣っておきたいポイントです。

個人的には、やはり塩津浜で春の釣りです。

スイムジグ、スピナーベイトを持ってタイミングを変えて釣りたいなと思っています。

まとめ

北湖で釣りをしていると、どのポイントで釣りをしているのか、見失いがちですが、

そんな時は、ワンド、岬周りを意識して釣りをすると、ランガンをしやすいかと。

そのうちの一つに塩津浜エリアを検討するのはどうでしょうか??