琵琶湖バス釣り、西野、藤ヶ崎エリアのポイント、釣り方

ちす!管理人です。

西野~藤ヶ崎エリアに向かってのポイントを解説していこうと思ったのですが、最初に言っておくことがあります。

それが、

オカッパリは難しいということです。

まずね、駐車場の確保が難しい。

よっぽどやる気のある人には向いているかもしれないけど、

気軽に釣りを楽しむ人には厳しい感じですね。

そんな理由から、当サイトの管理人は、西野、藤ヶ崎エリアでのオカッパリをお勧めしていません。

なので、この記事はボートアングラーに向けて書いています。

オカッパリアングラーの方は、長浜エリア、彦根エリアをチェックしてもらえればいいかと。

→長浜エリアのおかっぱりポイント、釣り方はコチラ

→芹川、彦江港エリアのおかっぱりポイント、釣り方はコチラ

それでは、西野、藤ヶ崎エリアのポイント、釣り方を解説していきます。

西野、藤ヶ崎エリアのポイント

西野漁礁

西野漁礁はロック帯の近くにある、漁礁です。

ちなみにここでオカッパリできるアングラーがいたら是非とも狙ってほしいポイントになっています。

コンクリートの中空ブロックが無数に並んでいます。

うろうの宮岬漁礁

ここも漁礁のポイントです。

西野漁礁とポイントが近いので、ついでに寄っておきたいポイントです。

飯の浦ポンプ場

見ればすぐにわかる、めちゃでかいマンメイドストラクチャーです。

周囲にテトラもあるので、ついでに釣っておきたいポイントです。

西野、藤ヶ崎エリアの釣り方

基本は10メートル以上の水深を狙うので、1オンス前後のラバージグ、スピナーベイトなどが釣りやすいかと。

個人的にお勧めは、メガロドーンですね。

10メートルの水深でも素早く、少ないキャスト数でサーチできてしまうので、ボートプレッシャーが少ないときとかに、導入したいルアーですね。