琵琶湖バス釣り、奥びわスポーツの森エリアのおかっぱりポイント、釣り方

奥びわスポーツの森周辺は、正直おかっぱりしづらい。

奥びわスポーツの森周辺で釣りをするぐらいだったら、

長浜エリアで釣りをしたほうが全然いいかと。

・長浜エリアのおかっぱりポイント、釣り方に関する記事

ですが、長浜エリアは人がいたり、駐車場が確保できなかった場合、

近くの奥びわスポーツの森周辺で釣りをすることもあるはずです。

まあ、ウィードが濃いのでヘビータックルが必要になってきますけど。

ライトな釣りをしたい人はこの記事はスルーしたほうがいいですね。

ちなみにライトな釣りをしたいなら、彦根港周辺がいいかと。

冬でも楽しめるし。

芹川、彦根港エリアのおかっぱりポイント、釣り方はコチラ

まあ、なんか気分的に奥びわスポーツの森エリアを敬遠している管理人ですが、

ちゃんとおかっぱりポイント、釣り方を解説していきます。

スポンサーリンク

奥びわスポーツの森エリアのおかっぱりポイント

南浦内湖

これは琵琶湖ではないのですが、琵琶湖の水が南浦内湖に入ってきています。

なので、バスも入ってくるので、個人的にはオススメなポイントかと。

正直、奥びわスポーツの森周辺は釣りがしづらいです。

ですが、南浦内湖は野池みたいな感じになっているので、比較的釣りがしやすいポイントになっています。

2月下旬~3月のデカバスが産卵を意識しはじめた時期に、おかっぱりだからこそ狙える南浦内湖を釣るべきですね。

奥びわスポーツの森エリアの釣り方

とにかく釣りづらい。

ならさ、釣らなくてよくね。

ということで、近くの南浦内湖を釣るのがおすすめです。

春が一番釣果としては、おいしいポイントなので、巻物、テキサス、ラバ―ジグで釣り歩くのが確実ですね。

まとめ

まあ、このエリアで釣る理由がない限り、あまり来なくていいポイントかと。

ただ、1度もこのエリアで釣りをしたことのない人は、経験値を積むという意味で、

寄っておきたいポイントですね。