琵琶湖バス釣り、長浜エリアのおかっぱりポイント、釣り方

長浜エリアは、一言でいうと、

めっちゃデカいワンド!!

北湖東岸の中では、めちゃめちゃデカいワンドになっています。

うそ〜って思う人は、地図で確認してみて。

すげーワンドになってるからw

そんな長浜エリアは、デカいワンドを形成しているということで、

湖流に影響されにくいエリアです。

そんな長浜エリアのおかっぱりポイント、釣り方を解説していきます。

スポンサーリンク

長浜エリアのおかっぱりポイント

長浜港

長浜周辺でおかっぱりをしようと思ったら、長浜港でするという人もいるんではないでしょうか??

そんな、あなた。

間違ってないですよ!!

長浜港周辺は、河川があったり、シャローのカバーがあったりでバスが好む要素を含んでいるんです。

そして、長浜エリア最大の特徴である、ワンドの影響もあってバスが1年中狙えるポイントになっています。

長浜港は足場もいいので、ウロウロしているバスを待ちの姿勢で釣るには、最適のポイントになっています。

長浜水道局前

ここも有名なポイントです。

近くには杭があったりテトラがあったりと、バスが寄ってくれる要素満載のポイントです。

長浜水道局前周辺は、遠浅になっているのでウェーダーを履いて釣っていくのがオススメかと。

長浜エリアの釣り方

長浜エリアはポイントとして、めちゃめちゃすぐれているので、基本的な釣りで大丈夫です。

つまりシーズンごとにあった普通の釣りでオッケーです。

春だったら巻物。

夏だったらテキサス、ラバージグ。

秋だったら、巻物。

冬だったら、バイブレーションとか。

みたいな感じで本当に普通の釣りで釣れます。

だって、ポイントがいいから。

いいポイントで釣りをすると、釣り人としての経験値を積みやすいので、

どんどん行って欲しいポイントですね。

それでは!!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする