琵琶湖バス釣り、天野川河口エリアのおかっぱりポイント、釣り方

ちす、管理人です。

北湖で釣りをしていると、途中からドライブメインになって、

コンビニでアイスとか食ってるうちに、帰宅。

そんなことありませんか?

僕は結構あるんですよね。

ですが!!

天野川河口周辺エリアだけは、絶対に立ち寄る。

だって、得られる経験値が他のポイントと違うから。

そんな、天野川河口のおかっぱりポイント、釣り方を解説していきます。

スポンサーリンク

天野川河口周辺のおかっぱりポイント

天野川河口

やっぱり天野川河口周辺で、メインとなるエリアは天野川河口です。

河口周辺はサンドバーで形成されていて、ベイトフィッシュが豊富に集まっているポイントです。

さらに、河口周辺にはウィードがポツポツと形成されているので、それにベイトフィッシュが居ついています。

だったら、そこを釣るのが得策でしょ!

ってことで、ぜひとも釣ってもらいたいポイントな訳です。

天野川河口周辺の釣り方

先ほども書きましたが、天野川周辺はサンドバーで形成されています。

そして、サンドバーはバスがベイトフィッシュを追い込むポイントでもあるんです。

そう考えると、一番使いたいルアーはミノーですね。

ミノーでサンドバーのボトムをゴリゴリ引いて、ベイトフィッシュを散らせて、

バスにスイッチを入れる。

このパターンはハマりだすと止まらないです。

ですが、これはタイミングが重要になってきます。

例えば、近くでボイルしたとか、ベイトフィッシュが逃げまどっているとか。

そんな光景が出た時に導入すべき釣り方なのです。

では、それ以外はどの釣りをすればいいのか?

それは、ヘビキャロで広範囲にじっくり釣るという釣り方です。

サンドバー周辺にはウィードが形成されています。

そのため、ベイトフィッシュも居ついています。

そのため近くにワームを投げるとベイトフィッシュが興味を持ってワームに近づきます。

それに気づいたバスが食ってくると。

まあ、そんなイメージで釣ってもらえればなと。

まとめ

北湖はドライブが中心になる人もいるのではないでしょうか?

そんな時でも、ぜひとも寄っておきたいのが天野川河口周辺です。

何気に天野川での釣りも楽しいんで。。

それでは、さいならー。