琵琶湖バス釣り、12月のパターン、釣り方、ポイントを解説

琵琶湖の12月は南湖と北湖どちらも釣果が下がる時期であるのと同時に、

釣れればデカい可能性が高い。

そして、おかっぱりの場合はシャローを中心に釣るので、よりシャローでウロウロしているデカバスが食ってくる可能性が高まります。

そんな、琵琶湖の12月のパターン、釣り方、ポイントを解説していきます。

スポンサーリンク

12月の琵琶湖、パターン解説

クリスマスを過ぎるとバスは釣れにくくなると個人的に感じています。

なので、12月にバスを釣りたい人は12月の第2週までで、釣り収めをしておいたほうがいいかと。

僕は、テキトーに行きますがw

そんな、12月は南湖と北湖でパターンが変わってきます。

南湖は1日釣りをすれば、なんとか1匹釣れる。

・南湖バス釣り、12月のパターン、釣り方、ポイント

北湖は、1日やりきって、もしかしたら1匹釣れる。

ただし、釣れたら自己レコード級。。

・北湖バス釣り、12月のパターン、釣り方、ポイント

そんなイメージをもって、12月の琵琶湖を攻略すればいいかと。

では、実際にどんな釣り方をしていけばいいのでしょうか??

12月、琵琶湖の釣り方

南湖と北湖では釣り方は変わってきます。

南湖はとにかくランガン。まあ、これは北湖もですけど。

ギルがいるエリアを探すためにカナダモを探す。

なぜなら、ギルはカナダモに居ついているから。

北湖はビックベイトを活用して、シャローをランガン。

・琵琶湖の真冬にビックベイトで釣る方法

まあ、当サイトでは、南湖と北湖の12月の釣り方も解説しているので、参考にしてください。↑にリンクがあるので、戻っていってみて♪

12月、琵琶湖のポイント

ポイントは、

とにかくやりきる!!!

これをいかに徹底してやれるかです。

もう一度いいます。

どれだけ最後まで投げ切れるかです!!!

どれだけ、雑誌とかDVDの情報が正しくても、それを実行するアングラーが最後までやらなかったら釣れませんから。

ちょっと釣りをしただけで、帰るアングラーの場合は、成長スピードが遅くなります。

そうすると、どんどん冬の釣りから遠ざかって、シーズンよりも冬の釣行回数が減る。

そして、どんどん釣りの感覚が鈍る。

てかね、別に冬は釣れなくてもいいんですよ。

メインは2月~3月のドデスカンなバスがシャローに接岸する春。

そのための修行期間だと思ってコツコツ釣りをすると楽しめるはずです。

冬は結局は、どんなルアーを投げていようが、投げ続けていたやつが最強です。

アルティマにアンタレスをつけて釣りをしているアングラーよりも、

バスワンにメジャークラフトのエントリーモデルのタックルで朝から夕暮れまでキャストしてるアングラーのほうが最強です。

あと人間的にも好きです。

そんな、感じで、結局は根気ですね。

それじゃ!!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする