北湖バス釣り、12月のパターン、釣り方、ポイント

12月の北湖は本格的にさみーです。

まず防寒が第一。

釣果は二の次。

そんな感じで、当サイトの管理人は釣りをしています。

12月になると、北湖は一気に釣り人が減っていきます。

まー基本的にあまり釣れないからねw

だから11月は賑わっていた北湖も独占できたりするので、

個人的にはこの時期の方が好きですね。

・北湖の11月のパターン、釣り方、ポイントに関する記事

そんな、12月の北湖のパターン、釣り方、ポイントを紹介していきます。

スポンサーリンク

12月北湖、パターン

12月のパターンとしては、11月まで数釣りで楽しめていたエリアが皆無になってくる季節です。

数釣りが楽しめなくなり、コンディションの良いデカバスだけがシャローでウロウロとしている時期になります。

ただし、ウロウロしているといっても、

そんなに数はいないので1日やり切ることがポイントになってきます。

パターンとしては、ディープに移行したアベレージサイズのバスを狙うか、シャローに残っているキチガイなデカバスを狙うかの2パターンになります。

ただし、オカッパリの場合はシャローに残っているデカバスを狙う方がメリットがあります。

それは、ボートだとなかなか釣ることができないからです。

シャローに残っているバスは基本的に賢いです。

長年生き残っているデカバスですからね。

そんなバスはボートのエレキ音に敏感なので、オカッパリで静かなアプローチの方が絶対に有利です。

それに、オカッパリだと、魚探が無いためディープにベイトフィッシュの有無を確認することができません。

だから、シャローに残っている、コンディションの良いバスを釣る方が良いかなと。

そんな、シャローでバスを釣るパターンで実際はどのように釣ればいいのか解説していきます。

12月の北湖の釣り方

実際に12月の北湖はどのように釣ればいいのか?

1番手っ取り早くて、自己レコードを更新する可能性に近づけるのは、

ビックベイトの使用です。

・冬の琵琶湖でビックベイトで釣る方法

ブラックデュラゴン、ネコソギなどのスローに引いてこれるビックベイトで長時間バスを焦らして釣るのが確実かと。

ただ巻きだけでなく、ストップ&ゴーもオススメです。

対極にある釣りが、スライドスイマー250の早巻きによるリアクションです。

オカッパリでも全然使えるテクですので、根性のある人は試してみてください。

12月北湖、ポイント

12月の北湖でのバス釣りのポイントをまとめると、

シャローのデカバスに絞る

ディープは外す可能性が高い。どうせ外すならシャローのデカバスを狙って外した方が、リターンが大きい。

ビックベイトを積極的に活用する

別にビックベイトでもいいけど、通いこんでくるうちにビックベイトを使う理由がわかってくるので、まずは使ってみて!!