南湖バス釣り、12月のパターン、釣り方、ポイント

どうも、管理人です。

12月は年を締めくくる月であるのと同時に、

釣り納めの時期でもありますよね。

そんな12月の南湖。

11月の南湖と釣り方は実際のところ変わるのかというと、

あまり変わりません!!

ただ、クリスマスイブを過ぎたあたりから本格的に寒くなるので、

浜大津、におの浜あたりの場所が有望になったりしますね。

そんな12月の南湖のパターン、釣り方、ポイントを解説していきます。

スポンサーリンク

12月の南湖のパターン

11月の南湖のパターンでも解説しましたが、この時期はベイトフィッシュが少ない時期です。

・南湖の11月のパターンに関する記事

では、一体何を探せばいいのか?

ベイトフィッシュです!!

はっだからベイトフィッシュが少ない時期なんだろ!!ボケ!

そんな声が聞こえてきました。

そう、ベイトフィッシュが少ない。

ちなみに少なくなるベイトフィッシュはアユです。

なぜならアユは1年魚と言われていて、産卵を終えて死んでしまうんですよね。

だから産卵後の10月の落鮎パターンとかはめちゃめちゃ釣れるんです。

だったら狙うべきベイトフィッシュはなにか???

それは、

ブルーギルです!!!

やはり琵琶湖の代表的なベイトフィッシュはブルーギルです。

ボートなら魚探で探すことができますが、オカッパリの場合はウィードで判断する必要があります。

つまり、ブルーギルがついているウィードを探すんです。

具体的にいうと、ブルーギルがつきやすいウィードは、

カナダモです。

さらに具体的にいうと、背の高いカナダモです。

ただオカッパリでは背の高いカナダモとかはわからないので、とりあえずカナダモを探して釣っていくのが12月の南湖のパターンになっていきます。

では、実際にどうやって釣っていくのか??

それを説明していきます。

12月の南湖の釣り方

ブルーギルを捕食しているバスを狙うので、

そういったバスに効くのは、浮上パターンです。

つまり、浮上するものに反応するバスを食わせるという釣り方です。

となると、使えるルアーはクランクベイトですね。

カナダモを探して、クランクベイトで浮上させて食わす。

これはボートなら比較的実現させやすい釣り方ですが、オカッパリだと長い距離、

クランクを引いて来れないので難しいです。

なので、オカッパリの場合は、バイブレーションとスイムジグで対応させていきます。

つまり、カナダモに引っ掛けて、外すときのリアクションで食わすという釣り方です。

これなら、長距離で使うことができる釣り方なので、オカッパリでも確実に釣果につながります。

ぜひ、バイブレーションとスイムジグを持って、12月の南湖には行ってもらいたいですね。

12月の南湖のポイント

11月の南湖でも解説しましたが、12月もカイツムリの存在がポイントになってきます。

大概カイツムリがいるポイントはベイトフィッシュがいると思ってもらって大丈夫です。

なので、12月の南湖のポイントしては、カナダモとカイツムリを探してランガンするのが最適かと。

カイツムリがいてカナダモがあるポイントがあったら、そこはぜひともキャストして欲しいなと思いますね。

まとめ

12月は1年の締めくくり。

ぜひとも貴重な1匹を仕留めてもらえればと。

また釣り人も減る時期なので、他のアングラーと差をつける時期でもあります。

ガンガン行って経験値を積んでいきましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする