琵琶湖バス釣り、芹川、彦根港エリアのおかっぱりポイント、釣り方

北湖のなかで真冬といったら彦根港というイメージがありませんか??

実際は、

その通りですw←その通りかよ!!

彦根港は港自体の規模がでかくて一日やりきっても楽しめるポイントになっています。

その周辺に位置する芹川もまた河口周辺は、ハードボトムで形成されていて、障害物が沈んでいるので、おかっぱりで楽しめます。

そんな芹川、彦根港のおかっぱりポイント、釣り方を紹介していきます。

スポンサーリンク

芹川、彦根港のおかっぱりポイント

彦根港のテトラ帯

別にテトラ帯以外を狙っても全然釣れるのですが、目に見えてすぐにわかるポイントがテトラ帯です。

冬や春の時期、日中の時間帯にテトラが暖められて周りの水温が上昇します。

それにつられてバスもついてくるイメージで釣りをすると釣りやすいですね。

基本的にテトラ帯以外のポイントも釣れるので、広範囲にボトムを感じながら釣っていくことで釣果を伸ばすことができるポイントになっています。

芹川河口

芹川自体で釣りをしても楽しいのですが、やはり芹川河口で釣りをしたほうが琵琶湖に来たぜ!みたいな感じなんでおすすめですw

最初にも書きましたが、河口周辺はハードボトムになっていて、ストラクチャーも豊富にあるので、必ずよっておきたいポイントです。

近くに芹川漁港もあるので、その周辺も当然ですが、ポイントです。

芹川、彦根港の釣り方

当サイトの管理人は冬と春の時期によく行くエリアなので、その時期に焦点をあてた解説をさせてください。

彦根港は真冬にぜひとも釣っておきたいポイントです。

港自体の規模がでかいので、風をシャットダウンしているので、水温が安定しています。

なので、バスが冬にストックしています。

ですが、おかっぱりアングラーも多いです。

なので、僕は嫌いなのですが、ライトリグの釣りがおすすめです。

メタルバイブを遠投してしゃくってもいいのですが、それでは彦根港で釣りをする意味が薄れます。

彦根港は足元にバスがいるんです。

ので、ネットとライトリグをもってネチネチと攻めていってくださいな。

芹川周辺は正直なんでもいいですw

春と冬の釣りの基本を忠実に守れば釣れます。

あなたの得意な釣りを展開してもらえればと思います。

まとめ

北湖の冬といったら彦根港ということで、釣り人は結構います。

ライトリグで1日やりきるくらいの気持ちでやるといいですね。

それでは、また!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする