琵琶湖バス釣り、秋のパターン、ポイント、釣り方

食欲の秋。

読書の秋。

そして、

琵琶湖の秋。

9月の終わり頃から、琵琶湖の秋は始まります。

バス釣りの秋といったら荒食いのシーズンと言われていますが、それは琵琶湖でも当てはまること。

この記事では、琵琶湖の秋のパターン、釣り方、ポイントを紹介していきます。

スポンサーリンク

琵琶湖の秋のパターン

個人的には、琵琶湖の秋は10月と11月だと感じています。

そして、10月と11月では、南湖で釣るのか、北湖で釣るのかのポイント選びもめちゃめちゃ大事になってきます。

10月のパターン

10月はベイトフィッシュが南湖、北湖ともに豊富な時期です。

この時期は南湖と北湖をバランス良く回っていくのが個人的にはオススメです。

→琵琶湖の10月のパターン、ポイントの解説はコチラ

具体的に言うと、午前は南湖東岸を釣り歩き、午後は北湖のロックエリアで釣りをするといった感じです。

ある程度のランガンをしてベイトフィッシュを追い求めるパターンが大切になってきます。

→南湖バス釣り、10月のパターン、釣り方、ポイントに関する記事はコチラ

→北湖バス釣り、10月のパターン、釣り方、ポイントに関する記事はコチラ

11月のパターン

11月になると、南湖ではめっきりとベイトフィッシュの量が減ってきます。

それとは逆に、北湖ではベイトフィッシュがシャローに接岸してくるので、おかっぱりで楽しめる時期になってきます。

南湖はベイトフィッシュが減っている時期なので、なかなか釣れない経験を当サイトの管理人は経験しています。

なので、個人的には北湖の一択でいいかと。

パターンとしては、ベイトフィッシュに合わせた釣り方が一番釣りやすいです。

11月の北湖で釣果に近づくための記事は⬇︎

→北湖バス釣り、11月のパターン、釣り方、ポイント

11月に南湖で釣りをしない方がいい理由に関する記事は⬇︎

→南湖バス釣り、11月のパターン、釣り方、ポイントに関する記事はコチラ

琵琶湖、秋の釣り方

秋はやることがシンプルに考えましょう。

とにかくベイトフィッシュがいるところで、様々なルアーを巻く。

これが一番釣果に近づく秘訣かと。

ライトテキサス、ヘビキャロをするよりも、

巻いて巻いて巻きまくった方が、1日を通して釣果が出ていた!なんてことはよくあります。

そうですね、リールを巻きまくってぶっ壊してやるぜ!!!

くらいの勢いで多投してゴリ巻き、早巻きするのが理想ですね。

南湖、北湖どのポイントでもこれは共通しています。

もちろん10月、11月どちらの時期もです。

琵琶湖の秋のポイント

琵琶湖の秋のポイントは場所選びといかに1日巻き倒すことができるかにあるかと。

10月は南湖と北湖の両方を釣り歩き、巻いていく。

11月は北湖を中心にゲーム展開を組み立てていく。

シンプルですが、毎シーズン南湖にばかり行ってる人は意外にできない人が多いです。

逆に北湖ばかり行ってる人にも言えます。

何度も琵琶湖に通って経験値を積んでいきましょう!