琵琶湖バス釣り、犬上川河口エリアのおかっぱりポイント、釣り方

いやー、犬上川河口周辺は、チョット詳しい説明ができます。

犬上川河口周辺は、新海浜からのチョー平坦な砂浜から、ようやく変化の現れるポイントです。

マジで新海浜周辺は攻めるポイントが乏しいからねw

→新海浜のおかっぱりポイント、釣り方はコチラ

そんな犬上川河口周辺のおかっぱりポイント、釣り方を紹介していきます。

犬上川河口周辺のおかっぱりポイント

犬上川河口

一番のポイントは犬上川河口ですね。

とにかく、変化に富んでいるポイントなので、

何度も入りなおすか、ある程度粘る価値のあるポイントになっています。

水産試験場前

目に見えるマンメイドストラクチャーとウィードが混在しているポイントです。

犬上川河口と一緒によっておきたいポイントになっています。

あくまでサブ的な感じで思ってもらえるといいかと。

犬上川河口周辺の釣り方。

河口周辺は、地形変化に富んでいるので、それに絡めて釣っておきたいもんです。

となると、ある程度使うルアー、リグは決まってくるはずです。

当サイトの管理人だったら、バイブレーション、ヘビキャロを季節、時間帯、天候で使い分けていきます。

まあ、基本はバイブレーションをゴリ巻きがメインですけどねw

水産試験場前を釣るときは、あまり粘らないので、飛距離の出るスピナーベイトを多投して、居ついているバスを狙います。

まとめ

犬上川河口は変化の大きいポイントです。

何度か通いこんでいくうちに、自分なりの攻略法が見つかってくるはずです。

コツコツ通いこむことで、釣果に近づいていきましょう。