琵琶湖バス釣り、愛知川河口エリアのおかっぱりポイント、釣り方

愛知川河口エリアは周辺に大同川河口があるのですが、

大同川河口で釣りに時間をかけるなら愛知川河口でじっくり釣りをした方が

絶対にいいと思えるエリアです。

川自体の規模もデカいですし、

河口周辺は水深の変化があって、ゴツゴツしたハードボトムも形成されているので、

アングラーの力量次第で釣果が変わってくるエリアになっています。

スポンサーリンク

愛知川河口エリアのおかっぱりポイント

愛知川河口周辺

冒頭でも書きましたが、河口周辺は水深の変化に富んでいます。

それでいて、ハードボトムを形成しているので、ぜひ粘ってほしいエリアになっています。

石積み護岸

愛知川の岸沿いは石積み護岸で形成されています。

これを狙わない手はありません。

ぜひ、朝夕まずめは狙ってみましょう。

ただし、地形が遠浅というか、浅いのでボイルがあったり、ベイトフィッシュを目視

できた時に釣ってみるのがオススメです。

あくまでメインポイントは河口周辺だということを忘れずに。。

愛知川河口エリアの釣り方

河口周辺を釣るなら、やっぱりヘビキャロがいいかと。

当サイトの管理人自体ヘビキャロはあまりやらないのですが、このエリアはどうしても使いたくなるのが、

ヘビキャロの存在です。

なるべく飛ばして、水深の変化、水中の沈み物を探しましょう。

半日も粘ればある程度の地形、障害物はオカッパリでも十分わかってきます。

石積み護岸を釣る時は、スピナベ、クランク、トップの3つがあれば十分です。

個人的にはバズベイトを使って、朝夕まずめを釣るのがよくやる釣り方です。

まとめ

愛知川河口周辺は駐車場もありますし、アクセスもしやすいので、ぜひ寄っておきたいエリアです。

ただし、タイミング次第では全く釣れないので、時期を変えて何度か入りなおして、自分なりに釣りやすい時期を探すのがポイントになってきます。