琵琶湖バス釣り、大同川河口エリアのおかっぱりポイント、釣り方

チース管理人です。

てか、今日ね、草津イオンモールに開店前並んだんだよね。

なんかフードコートで勉強しようと思ってさ。

そしたら、開店前から結構いろんな人が並んでるんだよね。

うん、どうでもいいことですね。

なんか、みんな暇だなーと思ったんですよね。

あっ僕もか!!

それでは、話がズレてしまいましたが、大同川河口エリアの解説をしていきます。

大同川河口エリア。

伊庭内湖とつながっているのがこの大同川エリアの特徴です。

そんな大同川河口エリアのおかっぱりポイント、釣り方を紹介していきます。

大同川河口エリアのおかっぱりポイント

大同川は、

ココがいいぜ!!

みたいなポイントが残念ながらありません。

大同川河口周辺も遠浅な地形をしているので、特に釣ってもらいたいポイントというのがありません。

ただ、目に見えるマンメイドストラクチャーはあります。

それが、杭の存在です。

大同川河口周辺の砂と砂利エリアに杭は存在しているのですが、そのポイントを目安に釣りをするのが、

お勧めというか、とりあえず釣るといいよ!!

ぐらいのレベルでオススメです。

大同川河口エリアの釣り方

個人的には秋の時期に立ち寄っておきたいエリアです。

なので、秋の釣り方を紹介していきます。

とにかく、パーとサーチしてすぐに移動するのが、今までで一番実績のある釣り方なので、

スピナーベイト、スイムジグ、バイブレーションを軸に、

軽くサーチする釣りがいいかと。

河口ではなく、大同川のリップラップをクランクで釣るのもいいですね!!

まとめ

北湖の東岸ロックエリアを北上すると、あるのが大同川河口エリアです。

東岸ロックエリアで釣りをしていて、帰りに時間があったら寄ってみるぐらいのノリで

いいと思います!

それでは、また!!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする