琵琶湖バス釣り、11月のパターン、釣り方、ポイント

琵琶湖の11月。

個人的には結構好きです。

今年も終わりかーと思うのと同時に、釣り方も大きく変わっていくのも11月です。

完全に秋への移行。

10月はまだTシャツの半袖スタイルで釣りができましたが、さすがに11月になってくると服装も秋になってきます。

そんな11月の琵琶湖のバス釣り。

パターン、釣り方、ポイントを解説していきます!!

スポンサーリンク

琵琶湖、11月のパターン

11月の琵琶湖はまず、

南湖で釣りをするのか?

・南湖の11月のパターン、釣り方、ポイントに関する記事

それとも北湖で釣りをするのか?

はたまた南湖と北湖両方を楽しむのか?

これを釣りをする前日または当日くらいに決めておくと便利です。

個人的には北湖を強くお勧めするのですが。。

・北湖の11月、パターン、釣り方、ポイントに関する記事

それは、なぜか??

11月の北湖は比較的釣りやすいからです。

とにかく11月の北湖はシャローにベイトフィッシュが集まってきます。

なので、当然バスも集まるわけです。

なので、数釣りも楽しめるし、北湖ならではのデカバスを釣ることができるんです。

パターンとしては、落鮎パターンの流入河川を釣る方法、ロックエリアのシャローに接岸したベイトフィッシュに

リンクさせてバスを釣る方法などなど。

釣り方はいろいろとあります。

とにかく11月の北湖は釣りやすい。

そう思ってもらうのがいいかと。

逆に南湖はどうなのか?

うーん、難しいですね。

南湖は北湖と違ってベイトフィッシュの量が減る時期なので、絞り込むのが難しいです。

だから11月の琵琶湖のパターンは、北湖を中心にバス釣りを展開するのが面白いかと。

11月の琵琶湖の釣り方

11月の琵琶湖の釣り方は、北湖とで釣る場合と南湖で釣る場合があります。

最初に簡単いうと、

北湖なら、i字系ルアー、サカマタシャッドなどのスティックベイト。

この2つがあればわりかし対応できます。

具体的に言うと、i字系ルアーは数釣り専用。

・i字系ルアーに関する記事

サカマタシャッドはハスパターンといって、北湖に回遊しているハスを狙っているバスを狙うパターンで使います。

南湖なら、バイブレーション、スイムジグ。

この2つでカイツムリがいるエリアをひたすらランガンしてください。

ただ、1日やってようやく釣れるみたいな状況になるのがこの時期の南湖の特徴です。

11月の琵琶湖のポイント

いかに効率よく釣るかがポイントになってきます。

11月ということで、季節は秋です。

ベイトフィッシュも散っていますし、バスも散っています。

個人的には北湖を中心として、サブで南湖を回るのがポイントになってくるかと。

まとめ

南湖と北湖のどちらを攻めようか迷うとおもいます。

ただ、釣りに行って、

次はこういう感じでいこう!

みたいな感じで改善をして釣りに行っていれば、

必ず成長しているはずです!

勉強も釣りもコツコツと積み重ねることが大切ですね!

それではまた!!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする