琵琶湖バス釣り、水ヶ浜エリアのおかっぱりポイント、釣り方

東岸ロックエリアのメインエリアになる水ヶ浜エリア。

全体的にシャローがなだらかになっているので、ウェーダーを持って釣りをするのが大前提になっているエリアです。

たまに、ウェーダーなしで釣りをしている猛者がいますが、結構危ないんで、あなたはやめてしっかりと準備をして臨みましょう。

個人的にはねー、松の浦とかそこらへんでヘビキャロをするよりも楽しいと思えるのが、

この東岸ロックエリアです。

そんな東岸ロックエリアのおかっぱりポイント、釣り方を解説していきます。

東岸ロックエリアのおかっぱりポイント

小規模な岬群

水ヶ浜エリアのシャローで釣り歩いていると、実は、

小規模な岬がいくつか点在していることに気づくはずです。

特に近くで釣りをしていて、ボートアングラーが異常に同じ箇所で粘っているのをみたら、

それは確実にそこが水中岬の先端だったりします。

東岸ロックエリアでおかっぱりしていると、ボートアングラーがシャローに入ってくるので、その時は、

なんだよコイツ!!!

って思うのではなく、どのポイントで釣っているのか、どのようなルアーを投げているのか、見ておくのがマジで意外に大事だったりします。

とにかく広い東岸ロックエリア。

少しでも釣果に繋がる情報は現場で手に入れておきましょう。

水ヶ浜エリアの釣り方

とにかく広範囲に攻めるのが大前提です。

水中岬がありますが、それも広範囲に攻め続けた人しかわかりません。

なので、広範囲に探れるスイムジグ、スピナーベイトあたりがいいかなと。

水ヶ浜エリアでじっくりと釣りができる人は、絶対にライトテキサスがオススメです。

ライトテキサスで1日釣りをしていると、全体のざっとした水深、ウィードの有無を確認できるので、かなりオススメ。

そして、サーチしている時にも、ウィードにバスが居ついていたら釣れちゃうのでオススメ。

まとめ

東岸ロックエリアは、駐車場もなかなか確保できない場合があります。

住民トラブルにならないように注意して釣りをしましょう。

あと、荒れている時はマジで釣りにならないので、その時は長命寺川で釣りをするのがいいかと。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする