琵琶湖バス釣り、長命寺エリアのおかっぱりポイント、釣り方

長命寺エリアは、琵琶湖の有名エリアの東岸ロックエリアに続くポイントです。

なので、個人的にはめちゃめちゃ好きなポイントであるのと同時に、

デカバスを1匹気合いを入れて仕留める時は、まずこの長命寺エリア、つまり東岸ロック帯を狙いにいきます。

そんな、長命寺エリアのおかっぱりポイント、釣り方を紹介していきます。

スポンサーリンク

長命寺エリアのおかっぱりポイント

長命寺川河口付近

東岸ロック帯エリアがメインポイントなのですが、

やはり、秋のシーズンとかベイトフィッシュを重視する時期に外せないのが、

長命寺川河口付近です。

長命寺川河口は全体的にシャローフラットになっています。

夏場は水面がウィードでもじゃもじゃな感じになりますが、

秋などのシーズンはぜひ釣っておきたいポイントになっています。

ロックエリアが始まるところ

長命寺エリアは東岸ロック帯の始まりです。

つまり、あなたがデカバスを釣る伝説の始まりでもあるのです。

気合い入ってる???

大丈夫みたいだね。

そんなロック帯エリアの始まりは、やはり変化に富んでいるので、

ロック帯の始まりの境目を狙っていくのが面白いかなと。

長命寺エリアの釣り方

長命寺川河口

釣り方はシーズンによって異なります。

夏はウィードが生い茂っているので、ライトテキサスの打ち物を中心に。

秋、春は巻物である程度粘って釣っていく。

長命寺川自体、規模がめちゃでかいので河口部はやはり流れ、ベイトフィッシュがいい条件であります。

なので、粘る価値があるエリアです。

何気に釣り人が少ないのもポイントです。

みんな駐車場から近いところでしか、釣りをしないので、釣りをする少しの時間を歩くという作業に割り当てましょう。

もうね、それだけであなた、他のアングラーよりも知ってますからw⬅︎なにがやねん

東岸ロックエリア帯の始まり

個人的には絶対に釣ってもらいたいエリア。

それと同時にウェーダーも必要になるので、用意するのがポイントです。

ロック帯エリアは食うときは食う。

そして、粘らずドンドン移動してウィードに居ついているバスを仕留めてください。

デスアダースティックのライトテキサスなどのとにかく飛距離が出て、軽いシンカーで対応できるワームをチョイスしてください。

ロックエリアなので、やはり気をつけてもロックにスタックしてしまうので、シンカーはなるべく軽めで。

不安な人はビーンズシンカーとかのビフテキリグの使用がお勧め♪

まとめ

とにかく北湖と言ったら東岸ロック帯でしょ!

個人的にはそう思っています。

最初は釣れないと思ってしまいますが、釣れば自己レコードを釣る可能性のあるエリアが長命寺エリアです。

釣れなくても通いつづけるロングライフな視点を持つのが大事です。