琵琶湖バス釣り、あやめ浜エリアのおかっぱりポイント、釣り方

どうも、管理人です!!

いきなりですが、琵琶湖の湖岸沿いを運転していると、もはや釣りとかどうでもよくなって、そのままドライブをしてしまう。

これは、僕だけでしょうか??

僕のブログに遊びに来てくれたみなさん、

この思いは僕だけでしょうか???

なるほど、僕だけじゃないみたいですね!!

ありがとう!!w

こいつは何を言ってるんだ!!

と聞こえてきそうですが、ドライブ好きには、つい見逃してしまうエリア。

それが、あやめ浜エリアです。

マイアミ浜エリアを通りすぎると見えてくるのが、あやめ浜なんですけど、つい運転するのが楽しくて見逃してしまう。

・琵琶湖、マイアミ浜のおかっぱりポイント

そんなあやめ浜エリアのおかっぱりポイント、釣り方を解説していきます。

頑張って書いていくぜ!頑張れ俺!!

スポンサーリンク

あやめ浜エリアのおかっぱりポイント

わかる人にはわかる杭w

わかる人にはわかる杭があやめ浜エリアにはあります。

ただ、これはだだっ広いあやめ浜エリアを根気よく歩いて、釣りをする粘り強さを持っているアングラーしか気づかないですw

ただし、ただっ広いあやめ浜エリアの中では、明らかに一級ポイントになっています。

家棟川という川があるんですけど、その周辺に杭があります。

なので、家棟川を探して、その周辺の杭を探す。

ただし、ひたすら歩いて探すので、結構しんどいっす。

さらに、あやめ浜はウェーディング前提のエリアなので、ウェーダーを履いていかに歩いて探せるか??

そこから、このあやめ浜での釣りは始まっていますw

あやめ浜の釣り方

基本的には遠浅なのが、あやめ浜の特徴です。

その中で、家棟川、日野川の河口付近を狙っていくのが、効率が良くて、すぐに答えが出やすい釣りかなと。

まあ、でも北湖のエリアなので、数は望めないので、やはり広範囲にサーチできる釣りは必須かなと。

広範囲に探れるルアー。ピンで探れるルアー。

この両方をすぐにチェンジできるような感じでタックルを組み合わせると、

なかなかやるじゃん!!

って感じですねw

まとめ

まずは、あやめ浜エリア周辺に車を止めましょうw

マジでドライブ好きには難しいエリア。

心地よく運転がしたい方は、もっと北上して沖島周辺のロックエリアで釣りをすることをお勧めします。

僕もドライブが好きなので、あやめ浜はついスルーにしがちなのでw

それでは、また!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする