北湖バス釣り、11月のパターン、釣り方、ポイント

北湖の11月。

僕は南湖に比べて北湖の方が気持ち的に楽。

基本的に数は出ないけど、きたらナイスコンディションの北湖。

11月は北湖を中心に釣りをしています。

だって、11月の南湖苦手なんだもん。

・南湖の11月のパターン解説はコチラ

でも、基本的に数が釣れない北湖なら、粘れる。

そんな北湖の11月のパターン、ポイント、釣り方を解説していきます。

スポンサーリンク

北湖の11月のパターン

北湖の秋は基本的に落ちアユパターンを意識して釣っていくのですが、11月になり本格的に秋が深くなると、ベイトフィッシュを追ってバスもシャローに上がってきます。

なので、11月の北湖のオカッパリは人が集まるし、数も釣れて楽しくなる時期なんですよね。

バスが散っているので、1日北湖でやり通せば数は釣れますが、問題はデカバスをいかに釣るかにかかってきます。

なので、アベレージサイズを狙っていく釣りにするのか、デカバスだけを追い求める釣りにするのか。

どちらかを決めて釣りをすることがチョー効率よく釣りができるポイントです。

11月の北湖の釣り方

南湖に比べて比較的釣りやすい11月の北湖ですが、大雨などにより天候が急変してパターンがコロコロ変わるのも特徴です。

とにかく、ポイントに入って釣れないと思ったらパパッと移動して、いろいろなレンジ、ルアーを試すのが個人的には安全パイな釣りかと。

11月、北湖のポイント

11月は南湖よりも北湖の方が個人的には楽しいのですが、基本的には南湖と釣り方のポイントは変わりません。

ジャンジャン移動してガンガン巻く!!

そして、数釣りに特化するなら数釣りを1日やる!

デカバスを狙うならビックベイト、デカめのワームでやり切る!

これが11月の北湖のポイントです。

まとめ

11月の北湖はバスもオカッパリで届く範囲に集まりますが、アングラーも集まる季節。

トラブルのないようにアングラー同士楽しんでやっていきましょう。

それじゃ、また!

なんか真面目な記事になったな今回w