琵琶湖バス釣り、マイアミ浜エリアのおかっぱりポイント、釣り方

マイアミ浜エリアの第一印象。

水上バイク多すぎだろ!!!

そして、イカついガテン系のゴリゴリな人たち。

ゴリゴリすぎるやろ!!!

そんな、マイアミ浜エリア。

夏以外のシーズンを、

マジで勧めます!!!

↑赤文字に黄色マーカー。どれだけ僕が伝えたいか伝わったでしょうか?w

そんなマイアミ浜のおかっぱりポイント、釣り方を解説していきます。

スポンサーリンク

マイアミ浜のおかっぱりポイント

基本的にマイアミ浜全体は遠浅になっているのが特徴です。

そして、おかっぱりのポイントについて書いていこうと思ったのですが、

特にない!!!

管理人自身、このエリアで釣りをするときはパーとサーチして終わりですからね。

うん、あまりポイントというポイントがないのがマイアミ浜ですかね。

あるとすれば、

ゴリゴリのガテン系。。

マイアミ浜の釣り方

とにかく遠浅が永遠と続くのがマイアミ浜エリアの特徴です。

ならばどうするか??

バスがシャローに接岸してくる時間帯を狙うんやー!!←なぜ関西弁?

そうです。

やはり、バスは捕食するときはベイトフィッシュを追い込みたいもの。

そして、ベイトフィッシュを追い込みやすいのがシャローです。

そして、バスが一般的に捕食する、または活性の高い時間帯は??

朝まずめ、夕まずめですよね!!!

なので、超貴重なゴールデンタイムでトップ、スピナベとかの巻物ですばやくサーチしていく、キャスト数が釣果にそのまま直結します。

まとめ

マイアミ浜はとにかく、夏はやめましょう。

これを言いたくてこの記事を書いたようなもんです。

水上バイクの人とくれぐれもトラブルにならないように、気持ちよく釣りをしていきましょう。

まじでゴリゴリですからw

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする